読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1981年のタモリ

『ヨルタモリ』についてまとめたエントリを書いた翌日に『ヨルタモリ』終了のニュースが飛び込んできて動揺していますが、本日8月22日はタモリさん、70歳の誕生日! 古希! 希望です。昨日のエントリを読んでもらえば、この終了が悲観するものではなく、また…

タモリにとって「ジャズな人」とは何か---70歳の『タモリ学』

明日、8月22日をもってタモリさんは、70歳の誕生日を迎えます。古希! というわけで、昨年も誕生日に合わせて「大タモリ年表」を更新しましたが、今年も一部修正を反映した上で、この1年を追記して更新しています!『タモリ学』連動企画 大タモリ年表#…

タモリの「びり」の話

前回のエントリでは、NHKラジオ『ラジオ深夜便』「萩本欽一の人間塾」第7回にゲスト出演したタモリの服装についての話や、中学時代の弁論大会の話を書き起こしました。 タモリの生きる“コツ” - てれびのスキマ 今回は同じく『ラジオ深夜便』「萩本欽一の人間…

タモリの生きる“コツ”

10月27日早朝(26日深夜)に放送されたNHKラジオ『ラジオ深夜便』「萩本欽一の人間塾」第7回のゲストはタモリでした。 萩本欽一とタモリというなかなか見る(聴く)ことができない組み合わせ。この二人の接点というと、『笑っていいとも!』「テレフォンショ…

タモリの“高尚”な趣味

いやー、暇です。日にちの感覚がまったく分からず困ってますよ、これ。 というタモリの一言から始まった 6月13日放送の『タモリのオールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)。 起きる時間もまちまちで、朝走って朝飯食って、そろそろ行かなきゃいけないと…

「ナイナイとは特別」タモリとナインティナイン

4月12日に放送された『王様のブランチ』(TBS)の「ブックコーナー」文芸書ランキング(ブックファースト渋谷文化村通り店)で5位に『有吉弘行のツイッターのフォロワーはなぜ300万人もいるのか 絶望を笑いに変える芸人たちの生き方』、さらに2位に『タモリ…

タモリ、又吉、東京ポッド、マツコ……それぞれの「東京」論

『笑っていいとも!』終わってしまいましたね……。 いまだに呆然としてしまっています。素晴らしい、夢の詰まったフィナーレだったと思います。 不遜なことを言えば『いいとも』「グランドフィナーレ特大号」のエンディングが『タモリ学 タモリにとって「タモ…

2013年10月21日の『タモリ学』

遂に、本日『タモリ学 タモリにとって「タモリ」とは何か?』が発売されました! タモリ学 タモリにとって「タモリ」とは何か?posted with amazlet at 14.03.25戸部田誠 (てれびのスキマ) イースト・プレス 売り上げランキング: 415Amazon.co.jpで詳細を見る …

タモリと吉永小百合が逢った日

『いいとも』最終回まで残りわずか。いよいよ『グランドフィナーレ 感謝の超特大号』の概要も発表され始めました。 お笑いナタリー - 「笑っていいとも!」フィナーレにさんま、ウンナンら 注目なのはもちろん明石家さんま、ダウンタウン、ウッチャンナンチ…

タモリと猫と犬

既にお知らせしたとおり、3月26日に発売する『タモリ学 タモリにとって「タモリ」とは何か?』には『団地ともお』などの小田扉先生にイラストを描いていただきました! 担当編集の堅田さん*1の人脈を頼って畏れ多くも提案してみたら、ありがたすぎることにお…

「『大タモリ年表』第2弾公開」 タモリのデビューと『徹子の部屋』

本日、イースト・プレスが運営するWeb文芸誌「マトグロッソ」に「タモリ年表」の第2弾が掲載されました。 ちなみに「大タモリ年表」についての詳しい説明はこちらに詳しく説明しています。 簡単にいえば、3月26日に発売される『タモリ学 タモリにとって「タ…

「あれは生命の最大の肯定」タモリが絶賛した小沢健二

いよいよ一週間後の3月26日に『タモリ学 タモリにとって「タモリ」とは何か?』が発売になります!(しつこい) タモリ学 タモリにとって「タモリ」とは何か?posted with amazlet at 14.03.19戸部田誠 (てれびのスキマ) イースト・プレス 売り上げランキング:…

【「メルマ旬報」芸人ミステリーズ・再録】「幻のタモリ作品を追う。」

しつこく告知しているように、3月26日に『タモリ学 タモリにとって「タモリ」とは何か?』が、そして4月3日に「水道橋博士のメルマ旬報」連載「芸人ミステリーズ」の書籍化『有吉弘行のツイッターのフォロワーはなぜ300万人もいるのか 絶望を笑いに変える芸人…

「大タモリ年表」とは何か?

本日からイースト・プレスが運営するWeb文芸誌「マトグロッソ」に「タモリ年表」が短期集中連載として掲載されます。 第1回は「タモリ前史」ともいえる1945年~1968年、誕生からサラリーマン時代までです。 『タモリ学 タモリにとって「タモリ」とは何か?』…

『COMIC CUE』という祭り

『COMIC CUE』という漫画誌は、僕にとって“お祭り”でした。 『COMIC CUE』は1994年から江口寿史さんが責任編集長となって創刊された漫画アンソロジー雑誌。年に数冊という不定期の刊行(現在のところ2003年の刊行が最後)で第2号以降は各号ごとに「カヴァー…

3月26日『タモリ学 タモリにとって「タモリ」とは何か?』発売決定!

遂に、ようやく、正式に告知することができます!『タモリ学 タモリにとって「タモリ」とは何か?』3月26日発売です! Amazonなどでもご予約受付始まりました! タモリ学 タモリにとって「タモリ」とは何か?posted with amazlet at 14.03.07戸部田誠 (てれび…