立川談志が語る笑福亭鶴瓶の“フラ”

6月3日に『コントに捧げた内村光良の怒り 続・絶望を笑いに変える芸人たちの生き方』が発売されました! コントに捧げた内村光良の怒り 続・絶望を笑いに変える芸人たちの生き方 (コア新書)posted with amazlet at 15.06.02戸部田 誠 (てれびのスキマ) コ…

出川哲朗の“伝説”の卒業スピーチ

6月3日に『コントに捧げた内村光良の怒り 続・絶望を笑いに変える芸人たちの生き方』が発売されました! コントに捧げた内村光良の怒り 続・絶望を笑いに変える芸人たちの生き方 (コア新書)posted with amazlet at 15.06.02戸部田 誠 (てれびのスキマ) コ…

内村光良バラエティ番組年表

しつこいようですが、本日6月3日、コアマガジンより『コントに捧げた内村光良の怒り 続・絶望を笑いに変える芸人たちの生き方』が発売になりました! コントに捧げた内村光良の怒り 続・絶望を笑いに変える芸人たちの生き方 (コア新書)posted with amazlet a…

内村光良が子どもだった頃

いよいよ、明日6月3日に『コントに捧げた内村光良の怒り 続・絶望を笑いに変える芸人たちの生き方』が発売されます! これは、以前お伝えしたとおり、「水道橋博士のメルマ旬報」に掲載されている連載「芸人ミステリーズ」をまとめた『有吉弘行のツイッター…

6月3日、「メルマ旬報」連載の“「芸人ミステリーズ」傑作選”第2弾発売決定!

おかげ様で、6月3日に新刊を発売できることになりました! 「水道橋博士のメルマ旬報」で連載している「芸人ミステリーズ」をまとめた本『有吉弘行のツイッターのフォロワーはなぜ300万人もいるのか 絶望を笑いに変える芸人たちの生き方』に続く第2弾です。 …

あの頃みんなトガッてた。「お笑い第4世代」の青春時代

4月4日に放送された『もしもツアーズ』の特番では、『めちゃイケ』のメンバーが出演。『もしツアにめちゃイケがやってきたから富士山で日本一のBBQやっちゃうぞSP』と題してコラボ企画が行われた。 番組終盤には、その中から、ほぼ同期であるキャイ~ン(199…

名脇役たちそれぞれの演技論

2月13日に発売された洋泉社のムック『バイプレーヤー読本』。 そのタイトルのとおり、ドラマや映画、舞台で活躍する名脇役、渋くて味のある個性派俳優たちに焦点をあてた本です。 バイプレーヤー読本 (洋泉社MOOK)posted with amazlet at 15.02.22洋泉社 (20…

24時間営業の不動産屋を営むマダムがステキすぎた。

『チマタの噺』は笑福亭鶴瓶がゲストを招くトーク番組です。 番組ではトークの合間に、街でちょっと気になる「チマタ」の人たちに話を聞くちょっとしたVTRが挟み込まれます。 毎回、このVTRが、魅力的な人々の人生模様が浮き彫りになって秀逸なのですが、2月…

若林正恭と山里亮太の“ナナメの夜明け”

1月31日の『ミレニアムズ』は「カスママ」の店に来店したゲスト・柳原可奈子が、「絶対あいつら卑屈疲れしてると思う」とシュートな発言をしたことから、とても刺激的な放送となりました。 この回は、『ミレニアムズ』のひとつの分岐点になるんじゃないかと…

西加奈子という救い

1月15日、西加奈子が『サラバ!』で第152回の直木賞を受賞したことが発表されました。 サラバ! 上posted with amazlet at 15.01.21西 加奈子 小学館 売り上げランキング: 19Amazon.co.jpで詳細を見る 西加奈子といえば又吉直樹や若林正恭、光浦靖子といった…

11月~12月の主なお仕事

雑誌等 『TV Bros.』2014年11月8日号 「2014年に考えるナンシー関」特集にコラムを書きました。過去のナンシー関のタモリについてのコラムに対し、現在の視点で考察したコラムです。 『週刊ザテレビジョン』45号 「新バラエティクロスレビュー」に参加しまし…

2014年テレビ番組10選+α

ここ10~20年くらいの間で2014年が一番テレビが面白いと感じるのは錯覚だろうか、と思ってしまうほど今年はテレビが面白かったです。 そんな2014年を振り返って「日刊サイゾー」に書いたのが以下の記事です。 テレビウォッチャー・てれびのスキマが選ぶ、201…

所ジョージの金言集 2014

2014年、所ジョージは例年以上にアグレッシブだった印象があります。 もちろん確固たるレギュラー番組があり、いずれも盤石。 それ以外に今年は、僕が見ただけでも4月2日の『ホンマでっか!?TV』を皮切りに、4月12日の『SWITCHインタビュー達人達』、10月8…

辞書という自伝

11月3日にNHK総合で放送(元々は昨年、BSプレミアムで放送)されたドキュメント『ケンボー先生と山田先生』*1がめちゃくちゃ面白かったので、それを書籍化した『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』をすぐさま読んだら、これまたべらぼうに面白かった…

「嫌なんだ、こんな負けばかりの人生…」若林正恭のクーデター

10月18日深夜に放送された『オードリーのオールナイトニッポン』。 ここ最近、プロレス観戦にハマっている若林正恭。 その流れもあって、スポーツ観戦熱が高まったそうで、先輩芸人であるTAIGAと野球観戦にたびたび行くようになったそうです。若林は子供の頃…

9月~10月の主なお仕事

雑誌等 『連続テレビ小説読本』 連続テレビ小説読本 (洋泉社MOOK)posted with amazlet at 14.11.10貫地谷 しほり 国仲 涼子 北林 早苗 渡辺 えり 川崎 亜沙美 桂 吉弥 森田 直幸 岡田 惠和 山本 むつみ 長沖 渉 清水 有生 町山 智浩 宮沢 章夫 ANI プチ 鹿島…

タモリの「びり」の話

前回のエントリでは、NHKラジオ『ラジオ深夜便』「萩本欽一の人間塾」第7回にゲスト出演したタモリの服装についての話や、中学時代の弁論大会の話を書き起こしました。 タモリの生きる“コツ” - てれびのスキマ 今回は同じく『ラジオ深夜便』「萩本欽一の人間…

タモリの生きる“コツ”

10月27日早朝(26日深夜)に放送されたNHKラジオ『ラジオ深夜便』「萩本欽一の人間塾」第7回のゲストはタモリでした。 萩本欽一とタモリというなかなか見る(聴く)ことができない組み合わせ。この二人の接点というと、『笑っていいとも!』「テレフォンショ…

「天下を獲るためには手法を一回更新しないといけない」吉田尚記のアイドル論

10月から始まったフジテレビの新番組に『アフロの変』があります。 これは、ダイノジ・大谷ノブ彦、レキシ・池田貴史という異色の組み合わせのMCに℃-ute・岡井千聖を加えた3人が、「様々なジャンルの変なモノを紹介する」という番組です。 プレゼンするの…

喜劇役者・伊東四朗のつとめ

NHK総合で夕方に放送している『ゆうどき』という番組があります。 10月8日のトークゲストに登場したのが伊東四朗さんでした。彼の「喜劇役者」としての含蓄のある話がとても興味深かったのでメモしておきたいと思います。 伊東四朗といえば、何と言っても「…

「未来はアドリブで変えられる」劇場版『ゴッドタン キス我慢選手権』第2弾、いよいよ!

いよいよ『ゴッドタン』の劇場版第2弾となる『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキック・ラブ』が今週末10月17日(金)より公開されます! 今回ももちろん主演は“アドリブの天才”劇団ひとり。楽しみです! それに併せ、映画の監督であり、番組プロ…

光浦靖子のジャイ子への祈り

「ドラ泣き」なるキャッチフレーズを引っさげ公開された映画『STAND BY ME ドラえもん』が現在大ヒットしています。 「ドラえもんと藤子・F・不二雄が大好きな人の本」を標榜する『Fライフ』も第2号は公開時期と発売時期が重なっているため、当然この映画の…

7~8月の主なお仕事

雑誌等 『【昭和・平成】お色気番組グラフィティ』 【昭和・平成】お色気番組グラフィティposted with amazlet at 14.09.05河出書房新社 売り上げランキング: 174,495Amazon.co.jpで詳細を見る 『時間ですよ』『ハレンチ学園』『毎度おさわがせします』から…

テレビ局の人格

能町みね子さんの代表作のひとつに『雑誌の人格』があります。 雑誌の人格posted with amazlet at 14.07.14能町 みね子 文化出版局 売り上げランキング: 6,929Amazon.co.jpで詳細を見る これは、それぞれの「雑誌に人格をつける」というものですが、その説明…

タモリの“高尚”な趣味

いやー、暇です。日にちの感覚がまったく分からず困ってますよ、これ。 というタモリの一言から始まった 6月13日放送の『タモリのオールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)。 起きる時間もまちまちで、朝走って朝飯食って、そろそろ行かなきゃいけないと…

5月~6月の主なお仕事

雑誌等 『週刊文春』2014年 5/15号 週刊文春 2014年 5/15号 [雑誌]posted with amazlet at 14.07.01文藝春秋 (2014-05-01)Amazon.co.jpで詳細を見る 「ゴールデンウィークに見逃せないテレビ番組、人」について有吉弘行やダウンタウン、おぎやはぎなどを軸に…

ラジオの本

6月25日には『21世紀ラジオ読本』が、6月30日には『続 お笑いラジオの時間』と相次いでラジオについての本が発売されます。 『続 お笑いラジオの時間』 『お笑いラジオの時間』の第2弾である『続 お笑いラジオの時間』には前回に引き続き僕もコラムを書かせ…

オードリーの発見

「最近僕は山里亮太っていう男を見失っているんですよ」というオードリーの若林の言葉が発端となった企画が放送されたのが6月20日、27日深夜の『もっとたりないふたり』(日本テレビ)だ。 若林: もう一度、山ちゃんを一から知りたいということで。じゃあ、…

劇団ひとりの「もうひとつの『ウサギとカメ』」

5月16日の『あさイチ』「プレミアムトーク」にゲスト出演した劇団ひとり。 家には大量の絵本があり、3歳の子どもに絵本の読み聞かせをしている、などと子育てトークに花を咲かせていた。 さらに、劇団ひとりは数年後に読ませたいという自作の絵本があること…

甲本ヒロトの受け身

『タモリ学 タモリにとって「タモリ」とは何か?』『有吉弘行のツイッターのフォロワーはなぜ300万人もいるのか 絶望を笑いに変える芸人たちの生き方』が発売して、1ヶ月以上が経ちました。その間、『王様のブランチ』のベストセラーランキングに2冊同時に…