読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【 発 売 中 !  】
タモリ学 タモリにとって「タモリ」とは何か?






有吉弘行のツイッターのフォロワーはなぜ300万人もいるのか 絶望を笑いに変える芸人たちの生き方 (コア新書)






コントに捧げた内村光良の怒り 続・絶望を笑いに変える芸人たちの生き方 (コア新書)

タモリのたたずまい

タモリ ブログ


5月3日に放送された「笑っていいとも!増刊号」の1コーナー「座っていいとも!」の中で木曜レギュラー陣とフリートークを交わしていたタモさん。
その中で、タモリがバラエティ番組出演中でも自然体でテンションが低い秘密を明かしていました。
何度も同様な趣旨なことは語られていますが、大事な話なので、また記録しておきます。

タモリ: あのねえ、俺から言わせてもらえば、皆が力入れ過ぎなの。
徳井 : せめて「続いては○○でーす!」っていうところくらいは普通張るじゃないですか。
高島 : 一番張ったのはいつですか?
タモリ: 結構今日でも張ってたよ、俺は。
鶴瓶 : 張ってたの、あれで?
タモリ: 俺にしては恥ずかしいくらい張ってたよ。
徳井 : いや、でもCM明けて「(呟くように)いいとも選手権で〜す」ってくらいじゃないですか。
タモリ: 違う違う、もっと張ってた。「い、い、と、も、選手権!」って。
鶴瓶 : まだトータルで言うと「いいとも」は張ってる?
タモリ: まあね。
鶴瓶 : 俺らもやかましいから、ちょっと張らないと(聞こえない)。
タモリ: そう、ちょっと張らないと、みんなうるさいでしょ。だいたいね、俺から言わせるとテレビをね、こうやって(力を抜いて)観てるわけでしょ? 盛り上がってテレビ見てないでしょ?
鶴瓶 : そやな。
タモリ: そんなときに俺がテレビに出てきて毎日、「(声を張り上げて)曜日対抗ぉ!いいともっ選手権っっ!!」ってやるとテレビ見てる人は「うるさいよ、もう」ってなる。だって俺、そうやって見てるもん、テレビ。「いいから、普通にやれよ」って。この人なんか凄いでしょ? 前にいる人に唾がボンボン飛ぶ。
鶴瓶 : 俺はそういう教育受けたんや。
山口 : 特にお客さんおったらね、後ろまで聞こえないじゃ、って思ってまうんですよ。
鶴瓶 : そうそう。舞台でやってるんやからダーいかないかん感じやんか。
タモリ: この人はやりすぎで、巻き舌にまでなるからね。「どないなってるるうりゃあぁ」って。
鶴瓶 : (笑)
タモリ: 俺、熱い人ダメなんだよ、熱く語る人いるじゃん。「やんなきゃ!」「やっていかなきゃ人間はダメなんです!」って。そういう人いると凄い俺テンション下がるの。俺、ある時スローガンがあったの、座右の銘。「やる気のある奴は、去れ」っていう。普通でいいんだよ、普通で。


ところで、ここ最近の「いいとも増刊号」はお笑い好きなら見ておかなきゃ勿体ないいい番組になってます。
かつての「放送終了後のお楽しみ」がおまけではなくなって、上記の「座っていいとも!」や「いいとも!スピンオフトーク」など見どころ盛りだくさん。「笑っていいとも」ダイジェストが逆におまけのようになってます。
あれを日曜の午前中に放送するなんて反則じゃないかってくらいです。前のイメージのままで増刊号を見ていないという人は是非見てみてください。