読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「内村プロデュース」終了?

エラー|Ameba(アメーバブログ)より

永い間、御覧頂いてきました、『内村プロデュース』が終了します。

嘘でしょ?

僕が企画参加した唯一の教育番組だったので(笑うとこです)何だか寂しい。
しかし『内P』ほど終了とかいう言葉が似合わない番組もない。ね。
だって情報化テレビ時代とは真逆な全く意味のない全くためにならない
全てが無駄(笑)な番組。
でも月曜の夜に「こんなにくだらない人も生きてるなら俺もがんばれるかも」
と思ってくれた人は二人はいるはず。すくねっ。
だからなんかそういう大人の感じと無縁な最も遠い場所にある気が勝手にしてた。
「あの・・・・・『内P』は・・・・・もういいでしょう・・・・・」
みたいな大人の議題にあがる事が何かすでにくだらない感じ。(笑)
言ってる人が恥ずかしくなる的。(笑)
テレビの会議は時に真顔でブリーフの色やふんどしを脱ぐタイミングを
決めるために一部上場企業の会議室でもめたり、マジけんかします。(笑)
そんな感じ。
何か『内P』は治外法権的よその世界な気がしてたが
やっぱりこの世の事だったのね。っていう。
玉職人もこの世に生きてたのだ。(笑)*1

とっても哀しい。
思えば、ふかわりょうを復活させたのはこの番組だろうし
有吉やレッド吉田の面白さを教えてくれたのもこの番組だ。
もう玉職人や、猫男爵を見れないのか?
なにより、かけがえの無い仲間達の中で屈託なく笑うウッチャンが見れなくなるのか?
内P」は、タモリさんにとっての「タモリ倶楽部」のような、内村光良が手にした
楽園のようなものだったろうに……。
最終回は泣いちゃうだろうな。
ふかわも号泣だろう。きっと。
さまぁ〜ずもきっと三村は目を真っ赤にして、大竹は唇を震わせてるだろう。
ウッチャンもサングラスの奥に涙を浮かべてるだろう。
号泣しながら笑わせてください。

*1:改行=引用者