読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PRIDE観戦記(現実はいつも残酷で、だから僕らは幻想に酔いしれるんだ)

ミルコ・クロコップvsエメリヤーエンコ・ヒョードル

もう入場式の時のミルコ・クロコップの表情で涙腺がやばかった。
21世紀最初の世紀の一戦」と題された今回の煽りV。

「私たちは長いことこの日を待ち続けたんです。10年間ずっとです」
と静かに語るミルコの母。
ミルコ「この戦いを父に捧げたい」
内戦の映像が流れ、友人を亡くした恐怖の少年時代が回想される。
最愛の父の死。
「強くなければ生きてゆけない」
  遺言。
あなたにとって試合とは? 「戦争だ」


「人類最強といわせるロシア人」エメリヤーエンコ・ヒョードル 
その目の前で敗れるミルコに微笑む皇帝。
そして、目の前で弟を殴り倒すミルコに
「やってくれたな」と吐き捨てる。


「オレは彼をただ待たせたわけじゃない
強くなる時間を与えてやったんだよ」


ミルコの母が再び囁く。
「ミルコによくこんな冗談を言ったりするのよ。
神様もあなたの願いを全部はかなえてくれないものよ、って……」
そしてミルコが力強く宣言する。


8月28日 俺は父に会いに行く


今回、立木文彦のナレーションはなく、それが逆に脳に直接響くような
深い感慨を与えてくれた。そしてもう落涙。
試合は「最高峰」というのにたがわない素晴らしいものだった。
結果はとても残酷でとても美しかった。

雑感

PRIDE-GP」のMVPはアリスター・オーフレイム
 いずれの大会でも予想を超える好試合を見せてくれた。
五味隆典vs川尻達也は何気にサプライズ
 修斗が巧みな政治力を見せ付けたマッチメークだと思う。
 確かにマッハが出るならこれがベター*1かも。
美濃輪育久は相変わらず。「追い風ダッシュ」「へブン」いいなあ。
・ショーグン強かったが、今後の使い方は難しいだろうな。
・シウバの幻想が剥がれてしまったのはPRIDEにとって吉と出るか凶と出るか?
中村和裕はますますK-1における武蔵に似てきてしまった。
 これは多分、だろう。
・今回いきなり登場したオフショット気味なシーン満載のエンドロールは良かった。
・tragedy(id:tragedy20050829)さんがおっしゃるとおり、まさにある章の最終回だという感じ。
 スタッフ側も多分それを予感してあのOPとEDなんだろう。

*1:マッハのブロックにアゼレド、ハンセン、パルヴァーを置けば誰が決勝でも絵になる