読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

追憶の「月曜ドラマランド」

ドラマ ブログ

「タッチ」が実写映画されたことで、話題に上ることが多くなったドラマ版「タッチ」。
岡本健一上杉和也、達也の2役を演じ、浅倉亜希が朝倉南を演じたものだが
これは、伝説のドラマ枠「月曜ドラマランド*1で放送されたものだ。


この「月曜ドラマランド」、他にも人気漫画の実写ドラマが放送されていたのだ。
例えば、同じあだち充原作の「ナイン」。
ヒロイン百合には、「タッチ」南役と同じく浅倉亜希。*2主人公克也役は高橋一也
さらに「みゆき」も実写化。河合その子野々村真山田辰夫らが出演。*3


この人気漫画+アイドルという「月曜ドラマランド」のスタイルを定着させたのが
小泉今日子主演の「あんみつ姫」。
守……金田龍之介 おこしの局……由紀さおり 品川千兵衛……東八郎
太助……宅麻伸 巻右門……イッセー尾形  のり助……三波豊和 
康之助……轟二郎  越後屋角兵衛……小松政夫
などのキャストで何度か作られた。
少女漫画系の作品では他に「はいからさんが通る」(紅緒…三田寛子、伊集院…野口五郎)
有閑倶楽部」(剣菱悠理…国生さゆり)など多数作られた。


そんな中で個人的なヒットは、今月、スカパー「東映チャンネル」で放送してくれている
水木しげるの「悪魔くん」と「ゲゲゲの鬼太郎」。
悪魔くん」は主人公真吾に「毎度おさわがせします」などで好演していた子役・玉木潤。
その姉に相楽晴子、父に村野武範メフィスト佐藤B作
しっかり演技の出来る面子を揃え、脚本の奇才浦沢義雄ワールドが冴えた好ドラマに仕上がっている。
ゲゲゲの鬼太郎」は見事なキャスティングが光る。
ねずみ男には竹中直人子泣きじじい赤星昇一郎ぬらりひょん夏樹陽子
そして砂かけばばあに由利徹!(ばばあじゃなくてじじいじゃん!)
ちなみにこの2作は、後に悪魔くん鬼太郎とコラボレーションする
ゲゲゲの鬼太郎 魔笛エロイムエッサイム」と題しビデオ作品化されている。


まあ、ここまではいい。
何と、実写化には似つかわしくないようなギャグ漫画まで挑戦されている。
たとえば「もーれつア太郎」。ア太郎には久保田篤、その妹アッコに荻野目洋子
さらに「おそ松くん」! 何故か「イヤミ・チビ太の板前一本勝負」という副題がつき
料理ドラマになってしまっているがイヤミ役には所ジョージが起用されている!


「無理がある!」の極めつけは、「一休さん」で間違いないだろう。
将軍に八名信夫、和尚に伊東四朗までは納得のキャスティングだが
肝心の一休さん富田靖子
んで、その2作目は富田が嫌がって浅香唯(!)に交代。
てか、この企画を1度ならず2度までも作ったのか!

*1:一見、テレビ朝日チックなこの企画、実際はフジテレビのもの。

*2:その他、清水章吾も両方に出ているのはいつも顔が同じなあだち充への嫌味か?(笑え)

*3:永瀬正敏出演の作品とは別のもの