読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消えた子供達#2

TBS「スーパーフライデー」の「神隠し」特集でもわずかに紹介された加茂前ゆきちゃん失踪事件について、もう少し詳しく追ってみる。

■概要

事件が起きたのは、19991(H3)年3月15日、三重県四日市市豊田。
家族構成は両親と3人の子供がいる。
父芳行さんは車の板金工場で働いている。母市子さんはパート勤めをしている。
3人の子供はいずれも女の子で長女が当時高校生、次女が小6、そして
三女がゆきちゃんで小2(8歳)。

■経緯

前日から父は夜勤のため事件当日の朝帰宅。失踪発覚まで寝ていた。
学校は卒業シーズンで通常よりも帰宅が早くなっていた。
午後2時頃 ゆきちゃん帰宅。「約束がある」と友達からの誘いを断っているらしい。
同2時半頃 母が家に電話。ゆきちゃんが出て「今日夜勤で遅くなる」「わかった」と会話。
同4時前頃 次女帰宅。まだ暖かい飲みかけのココアがテーブルの上に。
      ゆきちゃんは家にいなかった。
同4時半頃 父起床。ゆきちゃんはいなかったが、遊びに行ったものと思う。
夕方    長女帰宅。父は夜勤へ。母は帰宅。
午後8時頃 地元警察に捜索願を提出。

■捜査状況

・ゆきちゃんは、普段学校から帰るとランドセルを置き、校庭などで友達と待ち合わせ
遊んでいることが多かった。その際は自転車を使っていた。
・しかし自転車は家の前に置かれたままだった。
・いつも着ているジャンパーが脱いだまま部屋に置いてあった。
・目撃情報は多数寄せられた。
 学校のジャングルジムで遊んでいた。学校横の十四川周辺にいた。自宅からわずか15mほどの四つ角で白いライトバンの運転手と話をしていた。学校近くの近鉄豊田駅にいた。……など、いずれも有力な手がかりにはならなかった。

■怪文書

事件から3年後、自宅に1通の手紙が届く。
3枚の紙に、鉛筆書きの上からボールペンでなぞったような文面で
利き手でない方の手で書いたようなたどたどしい文字の文書(全文はこちら)。
鉛筆で下書きしているにも関わらず、文字は左側に段々流れてしまっている。


さらにしばらくして、もう1通の手紙。
福岡に住む「緒方達生」と名乗る「ダウジング」の能力を持つという人物からだった。
ゆきちゃんはすでに死んでいる。その霊の協力の下、捜査をするといい
犯人は顔見知りで男女ふたりの犯行だという。
が、3日後。再び手紙が送られてくる
「ゆきちゃんの霊を邪魔する別の霊が現れ、捜査に協力することが出来なくなった」


怪文書については次回また詳しく。


<参考リンク>
三重県「ゆきちゃんを捜しています」


<参考文献>
『公開捜査 消えた子供たちを捜して!―続発した行方不明事件の謎』
 加茂前ゆきちゃん事件のほかにも番組で紹介された野村香ちゃん、
 松岡伸矢くんなども詳しく書かれています。