読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対に笑ってはいけないハイスクール」まとめ(4)「罰受けすぎやろ」


ガキの使い」本編で放送された「未公開集」よりまとめ。

■朝礼後

再び、教師に問い詰められている生徒達。
教師「上履きはどうしたんだ! ちゃんと履いて来い!
お前は何で裸足なんだ?」
劇団ひとり「実はボク、イジメられてて
それで誰かに上履きを隠されたみたいで……」
というなりビンタされるひとり。

■国語

藤原「国語には想像力が必要だ」といわゆる「あたかも読書」が始まる。
タイトルは「三匹の松阪牛
松本「『なんなんだこの解放感は?』そう思った松阪は……」
山崎「なんで大喜利みたいになってんのよ」
松本「松阪は矢も立てもいられず外へ飛び出した。
突然、ハナマサがやってきた」
藤原が堪え切れず「フフフ……」と笑う。つられて笑う松本。
山崎「……ハナマサは三匹の子牛をどのように可愛がって……食べたのだろうか?」

■昼休み

3年C組笑福亭鶴光の校内放送「鶴光のお悩み問答」
鶴光「こちらの悩める子羊に来ていただいております」
女生徒「はじめまして」
鶴光「ええ声ですね、カワイイですね。
自己紹介してもらおうかね」
女生徒「2年C組の河本準子(河本準一)です。
皆からはね、"じゅんちゃん"って呼ばれてます。
実は今、ある人に恋をしてて」
鶴光「17歳で初めての恋ですか?」
じゅん「うん、初めて。こんなに何かな、ヘンな感じになったの初めて」
鶴光「相手のお名前、ズバっと言いにくいやろからイニシャルでちょっと言ってくれるかな?」
じゅん「あぁ あの 人志……」鶴光「なになに」
じゅん「Hくん、Hくんとな」鶴光「Hくん?」
じゅん「人志やから……」鶴光「なになに?」
じゅん「Hくんとな、する時な、なんかな、自分だけ気持ちいい感じになってすぐ終わる」
鶴光「普通はね、○○っちゅうのがあんねや」
じゅん「人志くんな、Hくんな、全然ない」
松本「何を言うてるの?」


教室に友達2人とともに本物じゅんちゃん登場。
友達「さっき放送であんなん言って大丈夫なの?」
じゅん「全然大丈夫やで。だって名前出してへんやん。
人……松本くんの名前出してへんから大丈夫やで」
友達「出しちゃえば良かったのに」
じゅん「えっ! そんなんアカンで! そんな空気読めへんことしたら絶対
人……松本くん絶対そんなんしたら怒るもん」
友達「昨日、松本くんとエッチしたんでしょ?」
じゅん「したで。プールでな……エッチした」

■理科

ほっしゃん。先生、お電話が入っております」と呼び出された
ほっしゃん。に変わり再び教材ビデオ。
食物連鎖とは?」

食物連鎖は土の中で生息するある微生物から始まります。
その微生物とは……「ヘイポー」。
もともと一つの細胞だったヘイポーが大量の光を浴びることによってその数を増やしていきます。
これを「ヘイポー分裂」といいます。
増殖した「ヘイポー」はその生息の拠点を地上へと移します。
そして瞬く間に草食動物に食べられます。
ヘイポー」を食べた草食動物は肉食動物に食べられ、さらにその肉食動物は他の肉食動物に食べられます。
動物は生きている限り排泄を行い(「ヘイポー排泄」)、こうして「ヘイポー」は土に還ります。

■松本自我崩壊

「オレがちょっと笑いそうやなと思ったら先になんか……」と自分で笑い出す松本。
「例えばオレが先輩と罰をやっとったら、アカンこの人ヤバイと思ったら、
先食い気味で、先とってやろうかなっていうな……」
山崎「先、松本さんが笑いそうになったら、ボクが笑って罰を受けるってことですか?」
松本「まあ、そこまでハッキリ言うつもりはないけど……、うん、まあ、でも、うん……」
と、また自分で笑い出す。

■クラブ活動

・ど〜も剛、ど〜も光一によるKinkiKidsモノマネライブ。
松本「全然ちゃう……、全然ちゃうから」
・つんつくのシャ乱Q
お尻をつねって笑いを堪えている松本。
・ラッパー田島(田島マネージャー)

♪オレの名前は田島祐一 吉本一のバッドボーイ
 今からオレの自慢のラップ聞かせるぜ リッスン!

歌い下手なロボットダンスをする田島。

板尾の嫁「幻のダンス」

「フラッシュダンス」に乗って現れる嫁。
松本「見事やわ! 見事! 何やねん、その切ない顔は!」

■消灯後

松本「ひとつ言っていい? 
もし12時回ってたとしたら、オレ、誕生日。
でも今が誕生日なのかどうかも(教室に時計がないから)分からん」
3人「お、おめでとうございます」
藤原「松本、誕生日、おめでとう。早よ、寝〜や」
松本「松本、誕生日、おめでとう。早よ、寝〜や、松本OUT……、
凄いよね」