読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「TVのチカラ」風に言うと“探せ”っていう事なの?


キックの星」でまた始まった「ムエタイツアー日記」。
もうすっかりお馴染みとなり第3回を迎え、ツアー参加者は総勢55名の大所帯に。
その中には「六本木淳」なる、イケメンホスト風本名を持つ男も!(実際は髪の毛がやや薄くなってしまった人のよさそうな男性……。)


そして今回、試合をするチーム大江JAPANのメンツはまた豪華。
①金太郎飴のような足の骨折から復帰の"遅れてきた天才"望月竜介
②2児の子煩悩パパ"戦う師範代"飯村健一
③"今どきの不良"歌川暁文
④"TeamOJ主将"中野智則
そして今回のサプライズでいきなり遅刻してきた
⑤"修斗世界王者"マモル


■10月6日
空港では、中野が「盛り上げ」アイテムとして「武士道」なる本、「プレイボーイ」などエロ雑誌、そして株の雑誌を購入。
そして元全日本キックバンダム級王者安川賢が店長を勤めているというタイ料理屋を「さあ、皆さんもタイ国へ行く時は是非この国に立ち寄って、何で日本で10倍位するタイ料理を食わないといけないのかという疑問を感じながらタイへ旅立ってください」と大江慎がムチャな宣伝。


タイに着くと「見たことが無い人がいると思ったら」と"1ch違いのスーパースター"全日本キックの大月選手が何故か敬礼しながら登場。
「友情にチャンネルは関係ないですっ!」
と、何故か終始敬礼の大月。


■10月7日
練習料をしっかり払ってジムで練習を始めるチーム大江JAPAN。
セコンドをしにきた大月も何故か参加。
みんな、楽しそう。
大月がマモルにアドバイスするという夢のような光景も。
試合2日前にも関わらずすでにリミットまで落ちているメンバー。
本番でも無いのに全裸で計るマモル。なんで?


試合前にも関わらずビールを勧め「これを理由に負けたとか言っちゃダメですよ! 飲んだからこそ勝たないと」と勝手なことをいう大月。
応援しに来たのか邪魔しに来たんだか解らなくなっている。
大月は終始この調子の妙なテンションで、「友情出演」にも関わらず完全に一番目立ってた。


そして、番組の最後にはなんとあの高杉茂男から手紙が!
その全文はこちらに紹介されてます。

キックボクシングも、ただの通過点。だから、今までの人達も、地獄で見た人間だから…。留まれるものがない限り、俺にとってこれまでの日々はただの地獄。見たものは全て地獄だから。今までの人達も地獄で見た人間だから。俺には突っ切るだけ。留まれる世界を、留まれる人と出会った時、見たものは楽園に感じるだろう。それを夢見ている。

うーーん、こ、こわ、いや不思議な人だ……。