読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文字に書いて読みたい日本語④

バカリズム「野球官能小説」


ミサコはタカヒロの膝の上にそっと手を置き、俯きながら「帰りたくない」と言った。
タカヒロはそんなミサコをしばらく見つめた後に、黙ってリリーフカーのアクセルを踏んだ。
マウンドに着くなりタカヒロはミサコを抱き寄せ、ミサコの潤んだキャッチャーミットに自分のファーストミットを優しく押し当てた。


初めて触れるミサコのキャッチャーミット。それは柔らかく、そして瑞々しかった。
タカヒロはミサコの肩を優しく抱き寄せ、ゆっくりとプロテクターのホックをはずした。
するとミサコのはちきれんばかりの豊満な広島市民球場があらわになった。
30代とは思えないほどミサコの広島市民球場には弾力があり、ぷっくりとした放送席にはピンク色の衣笠祥雄が見え隠れしていた。


タカヒロはミサコの一塁側ベンチをじっくりと眺めた後、「ほら、自分で見てごらん。こんなにランナーがたまっているよ」そういやらしく囁いた。
タカヒロの言うとおりミサコのランナーは満塁だった。
タカヒロがミサコのPL学園を優しく口に含むとミサコはペタジーニを硬直させ「代打、鳥越」と声をあげた。


一方、タカヒロブルペンに見え隠れする谷夫妻は既にはちきれんばかりの珍プレー好プレーだった。
ミサコはタカヒロのそそり立つ張本勲を見て、とっさに「第一回選択希望選手」とつぶやいた。
タカヒロはそんなミサコの柔らかなイ・スンヨプに、ダルビッシュを激しくゴメスした。
ミサコは声を松坂せ、「ヒデキ・マツゥイ」声をあげ、デーブ大久保スタシーに達した。




>>文字に書いて読みたい日本語
劇団ひとり「マゾ男」
長州力vs橋本真也「コラコラ問答」
タモリ神父2005