読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西グレイシーの恋


そのグレイシー一家への喰い込みっぷりから“安西グレイシー”との異名を持つ「格闘技通信」の記者安西伸一。彼が、以前も紹介したフジテレビの番組「東京マスメディア会議」で「俺はヒクソン・グレイシーに恋の相談をした」なる衝撃(?)のスクープを発表した。
そんな話は聞いていない、と憤る朝岡編集長を尻目に「それは秋深いカナダの森の中のことだったんですが…」と遠い目で語りだす安西。

取材旅行でカナダに行ってお土産屋に寄った時のことなんですが、日本人の女の子がバイトをしていたんですよ。
僕は自分のお土産を、トレーナーとかをその子に選んでもらって、30分くらい話してて「君、なんでこんなとこでバイトしてるの?」とか「僕はこういう理由でここに来たんだ」っていうのを、散々話したんですよ。で、この出会いは何なんだと、神がくれたんじゃないかと思って、メールアドレスを交換して東京に帰ったんですよ。
半年ぐらいして、夏休みになって、ヒクソンの道場に遊びに行って、「4、5日俺はロスにいるんだけど、カナダまで(彼女に)会いに行ったほうがいいのだろうか?」ってヒクソンと奥さんに相談したんですよ。
芋虫みたいになって「逢いたい、逢いたい」って道場を転がったわけですよ。
そしたらなんて言ったかというと「You Should Go」、「行くべきだ」ってことでしょ?
「400戦無敗の男」に行くべきだって言われたら行くしかないわけですよ!
私も舞い上がってしまって、カナダまで行ったんです。
で、「自分はあの時すごく楽しかった。これは運命の出会いではないか?」って言ったら、その彼女は「私はそんなこと何も感じなかった」って、一分間に3回くらい言ったんですよ。
いくら鈍い私でも3回言われれば「ハッ」と気付くわけですよ!
あ、これは、俺ヒクソンに乗せられたんだ、と。

切ないよ……。