読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イマヒガチルドレン寺坂がなぜかプロレス誌で語る紅白の見どころ


現在発売中のプロレス&格闘技雑誌「kamipro」では、あのイマヒガチルドレン寺坂直毅(「やりすぎコージー構成作家)が登場し、なぜか大晦日、プロレス&格闘技番組のライバルとなる紅白歌合戦の魅力を存分に語っている。
その中から、今年の見どころを語っている部分をピックアップしてみたい。

この(中居正広笑福亭鶴瓶という司会の)組み合わせは絶対におもしろいですよ! 紅白の司会には長澤まさみも候補に挙がってましたけど、鶴瓶さんのほうが断然楽しみですね。やっぱり曲紹介のおもしろさがありますよ。とくに鶴瓶さんはさだまさしが大好きだから、どんな紹介をするかいまから楽しみですね。


それぞれ見方をいろいろありますけどね。紅白って「ながら見」する人が多いんですけど、音楽好きはテレビの前に正座して観てるんです。というのは、紅白って生演奏なんですよ。


昔はステージの上にオーケストラがいて、そのうちステージの地下でするようになって、いまはもっと音をよくするために、別のレコーディングスタジオからラインをつないで生演奏を流しているぐらい音を大事にしてるんですよ。


ギターもトップクラスの人を用意したり、必ずオーケストラを用意するとか、音をとても大事にしている。音楽好きからしてみれば、こんなにしっかりした歌番組はないですね。

紅白ってプロレスですよ。だって紅組、白組、どっちが勝つかって決まってますよ、もう!!


今年は白だと思うんですけどね。まあ、12月末に曲順が出るんですけど、トリの演出が派手なほうが勝つんですよ。紙吹雪を降らせたりとか、わざと豪華な演出にしたりとか。
      (中略)
ただ、演出はプロレス的なんですが、それぞれの歌はドキュメンタリーですからね。だから、ボクは紅白出場が決まったあとと、番組が終わったあとの出場者全員のブログをチェックするんですよね。

ドリカムが今年一番の注目ですね。吉田美和は旦那さんが亡くなられて、あまりのショックに「もう、私歌わない!」って宣言したそうなんですよ。それをアッコさんが「一緒に歌おうよ」って電話で説得したらしいんですね。それで出場になったみたいで。


そこでドリカムが『未来予想図』を歌えば*1、紅白が歌番組じゃなくて、ドキュメンタリーになりますよね……。これはちょっと、凄いことになりますよ!

くりぃむ有田のロングインタビューもあります。

*1:実際に発表された曲目は『ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜わたしたちの未来予想図〜紅白ヴァージョン』