読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビ名シーン採録:岡村と加護ちゃんの想い出

めちゃイケ」8月29日放送
「幸子の部屋」ゲスト:加護亜依

岡村がブタの幸子に扮してゲストの悩みに答えるコーナー。ゲストは加護亜依
ASAYAN」でのデビュー当時(2000年)から知る岡村。

加護: あのね、私、ちょっとタバコ……。
幸子(岡村): もう相談に行くのかい? 久しぶりに会ったのに。
矢部: タバコまで聞こえましたよ(笑)。
幸子: 加護ちゃん、いろいろ相談事あるだろうね。ホントに加護ちゃんは可愛かった。
加護: えっ? 「かった」?
幸子: すごく、なんかさ、哀しいわ
加護: えーーっ! 何で? 何でですか(笑)。
幸子: いろんな意味でびっくりしたよ(笑)。「あの加護ちゃんが!」ってびっくりしたよ。
加護: ごめんね、幸子。でね、今日は相談をしに来たんですよ。

今後、どういうふうに活動をすればいいのか、を相談する加護。
そこで、最近の仕事として写真集「月刊加護亜依」を見せる。
写真集を見始め、すでにブタのキャラを捨てる岡村。

岡村: うわっ!ちょっと、これ、加護ちゃんあかんで。これあかんやん、ホンマに。フッフ……。
矢部: 気持ち悪っ!
岡村: ちゃうねん、加護ちゃんのこと、昔から知ってるからこんなん見たら、ホンマ、ショックやねん。
矢部: 岡村さんの中だけなんですよ、いつまでも可愛らしい子供の加護ちゃんは。もう大人になってきてるんですよ。
加護: はい。
岡村: もうなぁ、俺がちゃんとしとったらそんなことなかったんやわ。(モーニング娘。の)修学旅行('01年)とかやってる時はそんなん無かったやん。
加護: なかったですね。
岡村: な! (しみじみと)僕と一緒に原宿走って……、ものすごい、ええ思い出やわ。
加護: 私もですよ……。
岡村: せやろ。だからそういうイメージをつぶさないで……。
矢部: 岡村さん、加護ちゃんが「もうウザい」っていう顔してますよ。
加護: (笑)
岡村: 嘘やん? マジでごめん。俺、このままやったら、つんく、殴ってしまうかもわからへん
加護: 関係ない、関係ない!
岡村: あいつの管理が悪かったんや。せやから一遍、殴ったろかと思ってる

さらに、岡村は当時の思い出をしみじみと語りだす。

岡村: 正直、今やから言うけど、辻ちゃん派、加護ちゃん派っていうたら、俺、加護ちゃん派だったから。
加護: えーーーっ! 初耳!
岡村: 俺、覚えてんねん。「ザ・テレビジョン」の表紙の撮影の時や。加護ちゃんがね、爪でこうやって「ピュッピュッ」ってつぶして、俺にパッて匂い嗅がせてくれたんよ。「めっちゃ、ええ匂いする!」言うたら「そうでしょ!」って加護ちゃんが言うたの。
加護: (少し涙目)
岡村: それが、すっごい可愛くてね、もうホンマに……、ほっぺたにチューしようかと思った(笑)。

月刊加護亜依SUPER REMIX
月刊加護亜依SUPER REMIX
posted with amazlet at 09.08.30

新潮社
売り上げランキング: 2412