読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2009年テレビお笑い界を振り返る(前編)


こちらの「必見!話題のトピックス総まとめ2009 – NAVERまとめ」で、すでに2009年を自分なりにまとめているので、今年は簡単に振り返りたいと思います。
まずは個人から。

MVP

splash!! vol.2今年は、小杉竜一有吉弘行山崎弘也の年だったというのはお笑いファンの中では共通の認識なのではないでしょうか。
そんな中で個人的にMVPを選ぶなら、ブラックマヨネーズです。
小杉の活躍は言うまでもなく、下半期以降は吉田もニブい光を放ちコンビとして見事なバランスを築いていました。
有吉は昨年も文句なしにMVPに推したとおりで、今年もまったく衰えのない切れ味で、各所に爪痕を残していきました。
他には、ビビる大木、博多大吉、椿鬼奴ロンドンブーツ1号2号近藤春菜などの活躍が目立ちました。
あと、今年はとんねるずが再びアクセルを踏み始めた感じで、やっぱりとんねるずが本気を出すとスゴいということをまざまざと見せつけられた感じです。


芸人以外ではダントツでマツコ・デラックスが素晴らしかったです。『マツコの部屋』の凄さは言うに及ばず、各番組のゲストに出演した時のコメントも冴え渡っていました。
他には板東英二谷桃子らの活躍が印象的です。


(参考)【2009まとめ】「てれびのスキマ」的テレビお笑い界2009年の顔 - NAVER まとめ

新人王

オードリー DVD芸歴的には新人ではありませんが、テレビ的に新人といえるオードリーが久々に現れた本格派大型新人という感じで圧倒的な存在感でした。
まずは春日のキャラクターが注目され、その後陰で支える若林の実力が評価される。さらに、その後、実は二人ともポンコツじゃないかといういじり方をされ始め、いや、やっぱり春日の地力もスゴいと再評価される、という感じで早くも2周目に突入。
その存在感がブレることがない様は驚異的ですらありました。
そして、そのオードリーと双璧の活躍を見せたのが、文字どおり新人である、はんにゃ。
金田の類まれなるスター性と、底知れないニブい魅力を放つ川島。フルーツポンチ、しずる、オリエンタルラジオと、同世代のライバルにも恵まれ切磋琢磨して急速に力をつけている感じ。

ベストフレーズ

オレは絶対性格悪くない!今年もまた有吉の独壇場でした。
特に「ブレイクするっていうのはバカに見つかるってこと」は、批評性に富みつつ面白いという有吉の言葉を象徴するような言葉でした。
そして、有吉に負けず劣らない高アベレージで名フレーズを次々とたたき出した博多大吉。中でも「この世は全て幻……」が素晴らしかったです。
他にはバカリズムが「R-1グランプリ」での「500万円をどう“持つ”か考えてた」、東野幸治が有吉とのやりとりのなかで発した「 『二軍のボス』になってくると、こういう自由がきくねんや! よう覚えとけ!」、松本人志が東京03角田をいじった「東京03はゆるせない話より、ゾッとする話のほうが」などが印象に残りました。
あと、ベストフレーズとはちょっと違いますが『ゴッドタン』での劇団ひとりの「俺、あかねの目見れない!」という最低の言い間違いは最高に面白かったです。


(参考)【2009まとめ】「てれびのスキマ」的テレビお笑い界ベストフレーズ - NAVER まとめ

まとめ(個人編)

MVP ブラックマヨネーズ
新人王 オードリー
ベストフレーズ ブレイクするっていうのはバカに見つかるってこと(有吉弘行)

みんな面白かった!