読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2010年上半期のお笑いテレビ界を振り返る

印象に残った人物

2010年上半期、お笑い界を席巻したのは間違いなくマツコ・デラックスでしょう。
その風貌とオカマという自分の特性を最大限生かし、テレビっ子視線の批評芸を展開。各番組に引っ張りだこでした。見逃してはいけないのは、マツコはその番組ごとにちゃんとシフトチェンジをし、自分を使い分けているところ。いわゆる毒舌系文化人枠の人はこれが出来ない人が多くて、すぐに使い捨てられることが多いけど、マツコはそこらへんの立ち位置が抜群に上手いような気がします。芸人ではありませんが、多くの芸人よりも異形のモノとして、芸人然としていました。というわけで、上半期お笑いテレビ界のMVPといっていいと思います。


その他に印象的だった芸人を何人か挙げておきたいと思います。
まずは南原清隆
正直言って、昨年くらいまでの南原は、もうテレビのお笑いには興味を失っているのでは、と邪推をしてしまっていました。しかし、今年に入ってからその印象は一変。『笑う犬2010寿』を皮切りに、抜群の存在感を発揮しました。『イロモネア』『ラフな感じで。』の評論家風コメント芸も見事で、2010年は「テレビ芸人・南原復活の年」と記憶してもいいような気がします。
そしてフットボールアワー後藤
一見地味かもしれませんが、かつて『やりすぎコージー』で「ギター後藤」などとキャラ付けされたあたりから徐々に視聴者的にも見やすくなったのではないかと思います。それまで、後藤はいじる側だったイメージがありましたが、ひと度、いじられる側になると本領発揮。小杉同様、打てば響くツッコミでほとんどハズレなしの活躍でした。特に今年に入ってからは、各番組の重要な企画に軒並み名を連ね「達者」ぶりを見せつけ、攻められても攻めても強い万能性で、スタッフ、演者からの大きな信頼が伺えました。
さらに抜群の安定感のオードリー、ウド鈴木アンガールズ山里亮太バナナマン鈴木拓引き続き有吉らの活躍が目立っていたと思います。


お笑いテレビ的な新人の中でいうと印象的だったのは、ねづっち、ピース綾部、ハライチの3組でしょうか。
ねづっちは、もはやお笑い界にとどまらない「謎かけブーム」を作り出し、「整いました!」は確実に流行語大賞にノミネートされる勢い。そのブーム沈静化後、どのように立ち回れるのかがとても興味深いところ。
ピース綾部は、品川、ペナルティ・ヒデ、サバンナ高橋の系譜にあたる新たな「吉本の語り部」として活躍。その3人にはあまりない変態性を今後どのように活かしていくかがポイントになるような気がします。
ハライチは、ネタの確かさはもちろん、バラエティ番組での愛されるキャラが既に確立し始めているところが、かつてのオードリーを思い起こされます。当然今年の『M-1』の主役の一組になっていくと思いますので、そこで強いインパクトを残せば、来年の今頃は、お笑いテレビ界を席巻しているハズです。期待を込めて。

印象に残った番組

今年のレギュラー番組の中では、圧倒的に『ゴッドタン』が凄かったです。
ほぼハズレ回なしで、ほとんどが神回といっても過言ではない企画ばかり。出演するゲスト芸人も的確な人選で理想的なメンバーに。裏番組が移動になってすぐにビッグネーム東野がすすんで出演したとおり、芸人が心から「出たい」と思える番組というのはホントに貴重です。とにかくみんなが楽しそうだし、確実に出ている演者の新たな魅力が垣間見えるのが素晴らしいです。


他には6月末にはSPでゴールデンにも進出した『フットンダ』も相変わらず独特の雰囲気で印象的です。また、『みなさんのおかげでした』や『ガキの使い』、『めちゃイケ』といった長寿番組が、まだまだ戦っていて息を吹き返してきている印象でした。


新番組ではなんといっても『お笑いさぁ〜ん』と『潜在異色』。
他にも『芸人報道』『ジャック10』『ショーバト!』など地味ながら面白い新番組を次々に生み出している日テレ深夜は結構注目です。


以下、企画単位で特に印象的だったものを列挙します。

・「キス我慢選手権ファイナル」「ストイック暗記王9(ロザン、大島)&10(東野、オードリー)」「キス我慢卒業式」「タニームマッチ」「東京ドスベリサミット」「大声クイズ(山里vs鈴木)」「キレ女塾」(以上『ゴッドタン』)
・「事前告知どっきり(ゆ)報告」「歌へた芸人」「東京ギャグコレクション」「爆烈お父さん(矢島美容室)」「近くへ行きたい(マツコ)」(以上『めちゃイケ』)
・「『爆問学問』学(伊集院光)」(『ニッポンの教養』)
・「新体操1点取れたら帰れるワン」「なぞなぞ野球拳」(以上『ホリさまぁ〜ず』)
・「肝据わり王」「吉田とばっちりパーティー」(以上『マルさまぁ〜ず』)
・「第2回芸人ドラフト会議」「ポテトサラダ芸人」「人見知り芸人完全版」「ポンコツ芸人」「鈴木拓ナイト」「相方どうかしてるぜ芸人」(以上『アメトーーク』)
・「大石神教(板尾)」「日村7変化」「TKJ杯」(以上『ガキの使い』)
・「お笑いG6」「芸人ルーツの旅(ダウンタウン)」「帰れまワン」(以上『リンカーン』)
・「格付けし合う女たち(on有吉)」「この男の彼女になりたいGP」「マジックメール」(以上『ロンハー』)
・「ザ・早ボケハウス1・2・3」(『イロモネア』)
・「しゃべくり009(タカアンドトシ)」(『しゃべくり007』)
・「食わず嫌い(マツコvs滝沢」「全落オープン」(以上『みなさんのおかげでした』)


他、特別番組では『テレ東ラジー賞』『笑う犬2010寿』『オレワンSP』『悪いのはみんな萩本欽一である』『IPPONグランプリ』『オモバカ』『爆さまクレイジートーク』『くりぃむナントカ』などが印象に残ってます。

その他

昨年は芸人の結婚ラッシュが目立ちましたが、今年の上半期は、芸人の休養の多さが印象的です。1月の板尾創路に始まり、間寛平が癌に倒れ、春日が骨折、最近では、岡村隆史水道橋博士、そして松本人志が相次いで体調を崩し休養。他にもやや毛色が違うもののアンタッチャブル柴田の無期限休養などもありました。