読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやきシローの生態、あるいは第1次おける戦争

ブログ

すでにこちらでもお伝えしているとおり『雑学王』はすっかり『検索ちゃん』化している。というよりも、もはや『検索ちゃん』以上に『検索ちゃん』的になっていると言っても過言ではないような気がする。
その要因のひとつは『検索ちゃん』ではそれほど目立っていなかったが、すっかりこの番組の主役として台頭したフットボールアワー後藤の活躍が挙げられる。そしてもうひとつに11月下旬以降「伸び悩み芸人枠」として爆笑問題が「戦友」として心を許している、かつての『ボキャブラ天国』世代の芸人がゲスト出演していることが挙げられるだろう。
今回のエントリでは、その「伸び悩み芸人枠」で出演したつぶやきシローと、それに絡むフットボールアワー後藤の活躍の模様から『検索ちゃん』的芸人祭りの至福な時間を振り返ってみたい。

つぶやきシローの生態

12月13日の放送の回答者にはフット後藤伊集院光ドランクドラゴンおかもとまりが出演、そして「伸び悩み芸人枠」につぶやきシローが登場していた。
そのつぶやきシローの紹介に大歓声が起こる会場
それに対し、「おかしいじゃない、何か」と当惑するつぶやき。

田中: つぶやきは人気あるんですけどね、本人があんまり積極的に出たがらない
太田: 昔もね、『ボキャブラ天国』時代、つぶやきはガーっと人気でたんですよ。我々一緒に営業とか行くわけですけど、どこ行っても、つぶやきはダントツで人気ある。ところが(本人は)それが嫌で嫌でしょうがない
つぶやき: なーんか、性に合わない……、なんでしょうね?

「今やツイッターシローとして有名」とツイッターでの活躍ぶりを振る太田。

つぶやき: (フォロワーは)なんか30万人くらい……。
伊集院: (僕のフォロワーの)16万人でも相当凄いって言われてるのに、30万人はおそらく芸人のトップじゃないかな?
つぶやき: すみません……、変動的なんで、別に……
伊集院: 困っちゃうのは、つぶやきがあの調子で「いやいやいや」とか言うから16万人とか威張れないじゃん。あいつが「どうだ!」って言ってくれれば「僕もですね!」って言えるのに。
つぶやき: いや、会話をしてないんで、僕の場合。だから実感がないんですよ……、
伊集院: 威張れっ!


番組の最終問題はいつものように「マネージャーが考える“伸び悩み芸人”が伸び悩んでいる理由」。
するとすかさず旧知の仲である伊集院が答える。

伊集院: 給料が出るとHなDVD屋さんに行って棚のこっからっこまで買う
つぶやき: 最初の答えじゃないじゃないですか!
塚地: 昔の(ブレイク中の)つぶやきさんって性的イメージ一切なかったですもんね。

女性客が多いこともあり、性的なイメージがないつぶやきのエロ話に引く会場*1
なんとか空気を変えようと慌てるつぶやき。

つぶやき: たまにほらお金払う時から何千円ってときとか忘れてんのかな?なんか、そこのエロDVD屋さんのレシートが挟まってるの知らずに渡しちゃう時とかない? 「あるある」じゃない?
伊集院: つぶやき、つぶやき、この期に及んでそのシュチュエーションの「あるある」はいらないと思うよ(笑)。

おかもとは「他の事務所に行きたがってる」と回答。

つぶやき: そんなのは全然ないですよ。この事務所だからこんなんになっても置いてくれてるなって。全然、何年前にクビでいいんですけど置いてくれてるからありがたいっス……。

「エロ話とイイ話の落差が大きすぎて訳がわからない」と伊集院。「本人はどう思ってるの?」と振ると、つぶやきは「『派手なとこ、いいよ』って言うようなことですか?」と正解を回答。
正確な正解は「ひな壇が嫌い。だから、2時間特番で一言も喋らなかったことがある

つぶやき: ギャラ泥棒です……
太田: 『ボキャブラ』の頃からそうだった。みんなこっから出ようって時、みんな(前に出て)ワァーってやってると必ず(つぶやきは)引いちゃう。一番後ろに行ってなんにも言わない。(略) あのね、「売れたくない」んですよ。変わってるの。
つぶやき: 脚光をそこまで浴びたくないっていうか……、分かりますかね? レジの横のチロルチョコみたいに、もし良ければ……って感じでいいんですよ。ちゃんと棚に並べなくてもいいんですよ。

第1次おける戦争

そんな前に出ないつぶやきシロー。しかし、気心の知れた爆笑問題が司会ということもあってか、番組中盤では珍しく違う一面も見せていた。
牛丼などの卵のかけ方で一家言あるつぶやき、その主張を真っ向から否定する太田に珍しく反論する。

伊集院: つぶやきってあんなに言い返す子だったっけ?
つぶやき: あんまり、言い返さないですよ。なんか(太田が)食いかかってくるから……
太田: (爆笑)。
つぶやき: 初めてのゲストに全然優しくない……。

ここでタガが外れたのかつぶやきの他人を小馬鹿にした一面がネタというフィルターなしに露わになっていくと、それがフット後藤と絡んで、実に『検索ちゃん』的なものすごい化学反応を起こしていった。

「人気牛丼チェーン店が細いスプーンを置いている目的は?」

という問題に後藤の回答は

「大きく口を開けるのはやだね」

それに対し「ハハハ」と声を出して嘲笑するつぶやき。「なわけねぇじゃん

つぶやき: 満を持して、それなんだぁ、って……、すいません、何か(馬鹿にするように微笑)。

しかし後藤、正解
スタジオでは、後藤の他にも回答が開いてなかったものの伊集院、塚地、鈴木拓も揃って正解していた。
後藤を無視し、伊集院、ドランクドラゴンが正解した喜びの声を伝えるMC陣。

後藤: ちょっと待ってぇ。今の(つぶやきとの)攻防ありましたやん! ということは正解したとき「やったな後藤!」って来ない?
爆笑問題: (爆笑)。
後藤: 普通は!
太田: 大半が正解だもん。
塚地: エラいもめてましたけど(笑)。
後藤: 恥ずかしい、、、。
つぶやき: 自分が正解だとマジで思ってたんで……。
後藤: そんなわけないじゃないですか!
塚地: 全員敵ですからね、言ったら。
後藤: でも、なんで僕がワァーって言われてる時に応戦してくれなかったんですか?
塚地: まー、なんか、小っこい戦いやな、みたいな。
後藤: 戦ってんねんから、最前線来いよ!
塚地: (笑)。そこ最前線なの?
後藤: いつまでテントの中におるつもりや!


次の問題は

ミニストップのソフトクリームのコーンの底の部分を太くした目的は?」

それに対し塚地の回答は

おける

「たとえば、車で来た人は缶入れのホルダーにも置ける」と回答について説明する塚地に、つぶやき「フッ」とまた吹き出す

つぶやき: いやいや、あそこエアコン出るとこでしょ、ホルダー。冬とか暖かいのが出てきてすぐ溶けちゃうじゃない。プププ
塚地: (笑)。そん時は置かなかったらいいじゃないですか! 置いてなんかをしてまた持つためのとかー。
つぶやき: 食べ物を置くかしらね? 
一同: (爆笑)。
つぶやき: 育ちが悪い、育ちが悪い小馬鹿にするように微笑)。

それを微妙な表情で聞いていた後藤。

後藤: ちょっと僕のところ、(回答を)開けてもらっていいですか?

田中に「勝手にそういう事(進行に関する指示)しないでください」と注意されつつ、開いた回答はもちろん、

おける

立ち上がる後藤。

後藤: 戦いますよ! なあ、塚っちゃん!
塚地: おけるんですやん! あのまんまやったら置けましたかって話ですよ!
後藤: そうやで!
つぶやき: あるでしょ、ハリガネのこういう(丸い)ヤツあるでしょうよ!
後藤: ハリガネのこういうヤツは店にしかないでしょうが!
塚地: 外に出ていったとき、そいつは使えないでしょう!

するとその議論をさえぎって「ねえ、塚っちゃんと後藤君さぁ、お前たち、つぶやきよりも後輩なんだから、あーいう、笑われ方されたってしょうがないじゃん」と言う伊集院。

伊集院: で、ちょっと俺の(回答)開けてもらえるかな?

そして、もちろんその回答は

「一旦、おける

立ち上がる3人。

伊集院: 人の答えを鼻で笑うってどういう事なんだよ!
つぶやき: (笑)。全部受け止めるよ!
後藤: 今回の戦争、兵隊多いぞ
伊集院: 「おける戦争」でしょ?
塚地: 第1次おける戦争
伊集院: ミニストップはもともと「食べれるコンビニエンス」。ファーストフードの商品が多いから、ソフトクリームとハンバーガーみたいな買い方が出来るじゃん。そうすっと、一旦おきーの、こっち食べーの、みたいなこともあるじゃん。
つぶやき: 食べてから頼むんじゃないすか?

そして、つぶやきの回答は

こわれないように

自信なさ気に説明するつぶやきに、一斉に「はぁーっ?」に声を荒げる3人。

後藤: よう、この戦争に竹槍だけで来ましたね!

しかし、他のおかもとまり鈴木拓の回答も「こわれる」系。
頭を抱えるおかもと。

つぶやき: なんで立ち向かわなかったの?
おかもと: この答えは間違ってる!
一同: (爆笑)
つぶやき: わかんない、わかんないって! ここらへん“べしゃり”たつからそういうふうに見えてるけど、そういう圧をかける人たちなんだよ!


そして、正解VTRへ。
正解は「ソフトクリームを底までぎっしり詰めるため」。
全員が「あれ?」と苦笑いする中、
田中、素っ気なく「はい、全員不正解でーす

伊集院: 後藤隊長! 我々は何のために戦ってたんですか!?
塚地: 何の意味があったんですか!?

戦場で敗れ傷ついた兵士たちの悲痛な声。

後藤: 戦争ってやっぱりこれほどねぇ、無意味なことなんだよ!!

*1:伊集院のラジオ『深夜の馬鹿力』によると、この後自身の性的趣向について訊かれたつぶやき。自分の中でギリギリ「セーフ」な単語を頭の中で探して「手コキ」という言葉を発し、さらに引かせていたという。