読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「男の偏差値日本一」春日俊彰に学べ!

2月16日深夜に放送された『ゴールデンボンバー鬼龍院翔オールナイトニッポン』にオードリー春日がゲスト出演していた。
鬼龍院から「来ましたよ、神が。男の偏差値日本一の方が!」と紹介される春日。

春日: えー、確かに「男の偏差値」、日本一だね、現時点でね
鬼龍院: あー、もうぶっちぎりの。おいくつなんですか、だいたい。平均50くらいでいうと。
春日: そうでごんすなー。えー、でも、ベタですけど120とか。
鬼龍院: あははは。
春日: 灘、開成、ラ・サールなんて目じゃないくらいのね。えぇ。
鬼龍院: すっごい大学にはいれちゃうくらいの(笑)。
春日: そうでごんすな
鬼龍院: 頼もしー。男子リスナーは録音して聞かなきゃ。
春日: そうでしょうね。

と、最初から春日節全開。
若林がキャッキャしてツッコんでくるのが目に浮かぶ。
それを想像しながら聴くのも面白いが、この放送では、そういうツッコミ役がいないことで春日が自分で創り上げた「春日」像が余すこと無く語られていて、ちょっと新鮮で興味深い。

鬼龍院: 今まで、その偏差値を駆使してモテまくってきたわけでしょ?(笑)
春日: まあ、そうだね。男子にも女子にもね
鬼龍院: どっちにも!
春日: そりゃそうよ、高校の時電車通学だったんだけども、3年間で3回他の女子高の娘から声かけられたことあるもんね。
鬼龍院: そ、それ、マジモテじゃないですか!
春日: マジモテだよ!
鬼龍院: おー、それはやっぱり「友達になってください」みたいな?
春日: まあまあ、そうでしょうね。「お名前教えてもらっていいですか?」みたいな。
鬼龍院: おお、すげえ。年一回……、
春日: 年一回計算ですよ。
鬼龍院: そっから始まり、
春日: ええ、だから私がゲストで帰るときにはね、キリちゃんもね、
鬼龍院: キリちゃん(笑)
春日: キリちゃんも、ちょっと私にホの字になってる可能性があるんじゃーーないか、と。今度は2人で旅行に行く可能性があるんじゃーないか、と。
鬼龍院: フフフフ、頼もしい!カッコいい!(笑)
春日: うん、もう学んで帰って! 今日は。

途中、若林からの「3年に3回ってビミョーだな!」などというツッコミが聞こえてきそうだが、この後、あるお題に沿ってトークするコーナーへ。
最初のお題は「お金」。

春日: 貧乏キャラというよりは節約家という感じですからねえ。貧乏ってのとはちょっと違うんですよね。性質がもともとお金を使わないという性質なんで。だからよく誤解されてるんですけど、「お金が好き」というよりも「お金を使わないで生きることが好き」ということなんですよ。よく、通帳見てニヤニヤしてるでしょ?みたいな感じで言われたりするんですが……。
鬼龍院: どちらかと言えば、僕そっちですね。
春日: ああ、お宅さん、そっち?「お金大好き」な方の。
鬼龍院: なんか、増えていくと俺仕事頑張ったな、みたいな感じになれて……、
春日: あー、でもそれは分かる
鬼龍院: あ、それは分かりますか?(笑)
春日: あたしも、2008年の元旦に初めてテレビジョンでネタをやらせてもらったんですけど、それまで8年間くらいずーっとライブとかショーパブとかばっかりだったわけですよ。で、月にお給金が、もう5万いかないくらい。
鬼龍院: (笑)。あの、、お給金って言うのは?
春日: お給金よ!鬼龍院: ちょくちょく言い方変えていく、それはモテるポイントですか?
春日: モテるっていうか自分を持ってるってことだよね!
鬼龍院: なーるほっど!
春日: 流されないっていう!
鬼龍院: カッコいい!
春日: そりゃそうよ。
鬼龍院: これは春日語という?
春日: 春日語というかね、まあ、周りからはそう呼ばれて親しまれているけどね

そういう言葉使いなどの細かいところに引っかかってると時間なくなっちゃうよ、と話を戻し春日「3万〜5万くらいだったのが月毎に階段を登っていくわけよ。そん時はやっぱほくそ笑んでたよね」と。
この後「スケベビデオ」の話などを挟んで「『ANN』どうすれば人気が出るのか」というトークに。

鬼龍院: 「ANN」をはじめて、初めはやっぱり緊張しましたか?
春日: 春日だよ!その質問は愚かだねえ
鬼龍院: アハハハハハ。
春日: 愚かな質問をするんじゃないよ!生放送なんだからさ。
鬼龍院: すみません(笑)。

緊張とプレッシャーと敗北を知りたくて芸人をやってるようなもんだからね!

鬼龍院が「ッカッコいい!」と悶絶するさなか、続いて春日は自身の「ハートの強さ」の謎を語る。

鬼龍院: 春日さんってすごい堂々としてらっしゃるじゃないですか?
春日: もちろんそうだよね!
鬼龍院: あはははは。堂々としてるなぁー、受け答えも。

堂々としてるってだけでここまで来たからね。

鬼龍院: あははは。なぜそんなに堂々としてるんですか?
春日: それは難しいよね。それはもうなぜ呼吸をしてるのか、と同じだからね。聞かれたって答えられない!それはだって意識して呼吸してるわけじゃないし、オギャー(と生まれた時から)堂々としてるし、それはもう難しいけれども、、、何故かって聞かれちゃうと。気軽に出来る方法って言ったら、、、、なんだろうなぁー、ま、お仕事行く時とかにノーパンで行くとか、女性物の下着着けていくとかすると、ちょっとひとつ自分の中で楽しみじゃないけど、ライブとかで盛り上がるわけじゃないですか、お客さんと。だけど、実はノーパンなんですっていうのを一個持っとくとかね。そういうのはいいと思いますけどね。
鬼龍院: なるほど、、、。今度やってみます。あれ?これ実際にやってたんですか?
春日: やってたね。やっぱり、大御所の方々とお仕事するときとかはたいがい、パンツ履かなかったりとか、女性物の下着はいたりとかして行ってましたけどね。今は少ないですけどね。
鬼龍院: 今はもう春日さんより下ばっかになっちゃったから。
春日: ウフフフフフ。まぁ、まー、まー。
鬼龍院: 春日さん、あえていうなら怖いものあります?
春日: 怖い物、、、饅頭くらいかな?
鬼龍院: アハハハハハ! 落語か(笑)。

落語「饅頭こわい」で落とす春日。ッカッコいいwww
次に出されたお題は「ソーセージ」。

鬼龍院: 春日さんのソーセージはどうなってるんだ?ってことでいいんですか?
春日: なるほどね。そういうこと?
鬼龍院: 春日さん、男としてソーセージの方は?
春日: なるほど「ちんこう」の事だよね?
鬼龍院: 一応、伏せて……。
春日: いや、ちゃんと伏せてる。「ちん公」だから。「こう」は公園の「公」だからね
鬼龍院: フフフ。
春日: あのー、ひとことで言うと膨張率がハンパないってこと。普段はおとなしくしてるけども、ギャップよ、だから

そして、最後に春日は実に春日らしい告知で締める。

春日: 逆に土曜の夜に我々の番組*1聞かないでなにしてるのかな?って思うね。それ以外に面白いことあるかね?
鬼龍院: 土曜の夜っていったら、遊びに行ってたりしてる人も……
春日: えええーーー。負ける?我々の番組の中身が。負けないでしょ!

逆に残念だもん。私が、生で聴けなくて残念だもんね。我々の番組を、生で聴きたい、家で!

ッカッコいい!

オードリーのオールナイトニッポン [DVD]
CCRE (2010-01-08)
売り上げランキング: 7130

*1:『オードリーのANN』