読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「メルマ旬報FES」に出演させていただきました

1月25日に恵比寿ザ・ガーデンホールにて開催された「水道橋博士のメルマ旬報FES」。
これはその名の通り「水道橋博士のメルマ旬報」の連載陣が集まってトーク&音楽ライブをやろうというもの。
当初発表されていた出演者は以下のとおりで、

浅草キッド水道橋博士 / 西寺郷太NONA REEVES) / 岡村靖幸 / 渡辺祐 / 樋口毅宏 / 竹内義和 / 谷川貞治 / 茂田浩司 / 杉江松恋 / 柴尾英令 / 九龍ジョー / てれびのスキマ / 柳田光司 / 碇本学 / やきそばかおる / マッハスピード豪速球ガン太 / 木村綾子 / モーリー・ロバートソン / 松原隆一郎 / 荒井カオル / 相沢直 / 川野将一 / 土屋敏男 ほか

さらにリリー・フランキーサンボマスター山口隆マキタスポーツ酒井若菜園子温町山智浩堀江貴文シンデレラエキスプレス渡辺裕薫ら(敬称略)も駆けつけ、びっくりするくらい豪華な布陣でした。
そこに自分がいるのがなんとも場違いで不思議な感じでしたが、人前デビューが1000人規模のお客さんの前ってどうなんだって思いつつ創刊号から参加しているという「誇り」を胸にドギマギしながらも参加。


当日は絶対に遅れてはいけない、と普段上京する時は高速バスで行くのだけど、時間が読めないということで電車で向かいました。と、半分くらい行ったところで突然、電車が停まってしまう……。なんと停電事故らしく、その場で1時間30分近く動かない。やっぱ普段と違うことをすると失敗するんだなぁと幸先の悪さに暗澹たる気分に。結局、東京についたのが入り時間をちょっと過ぎた頃。急いで恵比寿に向かい駅から猛ダッシュして、なんとか開演数分前に到着するという大惨事。それでも暖かく迎えていただき、すぐにスタンバイへ。そんなバタバタしている中、楽屋のモニターから前説の声がかすかに聞こえてくる。誰の声かな?と聞き耳を立てるとなんとリリー・フランキーさん! もちろんリリーさんにとって人生初の前説。
オープニングで全員が入場。さらにまったく「メルマ旬報」とは関係ない三又又三さんがパンツ一丁で登場。連載陣に向かって「何、この気持ちの悪いメンバー!」などと的確な距離感でツッコんでくれる。


連載陣は3つのブロックに別れて各5分のプレゼンタイムが与えられ、それぞれ「私の愛した○○」をテーマに博士とトーク。
最初のブロックは「なんとなくプロレス格闘技の話」。
谷川貞治さん×茂田浩司さん×相沢直さん×やきそばかおるさん+三又さん。
相沢さんは鉄板DDT飯伏幸太vsヨシヒコを紹介*1
動画はこちら。 https://www.youtube.com/watch?v=FR3sp6mF8hg
さらにやきそばさんは芸人キックさんを紹介。キック×三又の盛り上がりは凄くて、やっぱり芸人さんってスゴいと実感。


2つ目のブロックは「なんとなくテレビ、ラジオ、映画の話」。
柴尾英令さん&高橋ヨシキさん×土屋敏男さん×川野将一さん×マッハスピード豪速球・ガン太さん。
柴尾&ヨシキさんパートではこんな感じ(18禁。閲覧注意!)の映像がいくつか流れ会場どよめく。
この辺りになると、僕は出演パートが近づきド緊張状態に。


そして最後のブロック「なんとなく本やコラムの話」。
樋口毅宏さん×杉江松恋さん×九龍ジョーさん×目崎敬三さん×荒井カオルさん×木村綾子さん×碇本学さん×堀江貴文さんと僕。
あと杉江さんの紹介で立川談慶師匠、碇本さんの話から園子温監督が登場。園さんは博士とのライブで披露した裸に天狗のお面だけの姿で登場!
このブロック、スタート時から時間がかなり押しており、それまでどんどん話を広げていた博士も、話に入るのを自重している感じ。僕は博士が話を広げてくれ自分の持ち時間が終わるのを目論んでいたため大誤算。息も絶え絶えに「タモリさんの家族」についての話を。
一番反応が良かったのが最初に家系図を出したところで楽屋とかでもみんなから「あれどうやって調べたの?」って訊かれました。結構もう有名な話かなと思ってサラッと説明しちゃったけどこっちをメインにすれば良かったなぁと後悔。その「タモリの家系図」についてはこちらに詳しく書いてあります。
タモリの期待を裏切らない複雑な家系 - てれびのスキマ


その後は、西寺郷太さん、サンボ山口さん、そして岡村ちゃんのライブ。当たり前だけど、やっぱミュージシャンってすげーっとしか言いようがありませんでした。圧巻。
山口さんには演奏後、楽屋でご挨拶。震災後「風とロック」のライブでいわきに来てくれた時の( http://d.hatena.ne.jp/fat-man/20110928/p1#seemore )感動とお礼を伝えられて嬉しかったです。
ライブのエンディングにはマキタさんや酒井若菜さんも到着。
若菜さんは博士への花束贈呈役。ED全員入場でスタンバイしているとずーーっと敬愛している若菜さんから声をかけていただくという至福の極み。登壇後も思わずニヤニヤしてしまいました。ED終了後、改めて若菜さんにご挨拶させていただき、少しお話も。
打ち上げでは、土屋さん、竹内さん、やきそばさん、相沢さん、荒井さん、柳田さん、目崎さんたちとお話をさせていただき、貴重な話の数々を伺う。
そしてありがたいことに相沢さんの家に泊めていただき就寝。好きな人に囲まれてなんて幸せな一日だっただろうか。
好きな人や好きなことはどんどん繋がっていく。そんなことを実感した日でした。
第2回もあればいいな。でも、それまでにもう少しまともに人前で喋れるようにしなければ……。

*1:トークが苦手な自分も動画にすれば良かったと後悔。どこまで動画使っていいか解らなかった…