読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鼎談本『大人のSMAP論』発売!

本日12月10日に『東京どこに住む』『1995年』など多数の著書のある速水健朗さんと、『ジャニオタあるある』などで知られるみきーるさんと、僕の鼎談本『大人のSMAP論』が発売されます!
内容はタイトル通り、「SMAP」について3人で語り合ったもの。

大人のSMAP論 (宝島社新書)
速水 健朗 戸部田 誠 みきーる
宝島社
売り上げランキング: 2,151

Amazon等の内容紹介には以下のように書かれています。

2016年12月31日、とうとうSMAPが解散する。「SMAP解散」のニュースはNHKで速報として流され、解散報道を受けての「謝罪生会見」は瞬間最高37%超の視聴率を記録。一アイドルグループの解散が国民的関心事となる“異常事態”となった。ジャニーズの“落ちこぼれ”といわれたグループは、なぜ「国民的アイドル」になり得たのか?気鋭の評論家・速水健朗氏、偏執的なテレビウォッチャーとして知られる戸部田誠氏(てれびのスキマ)、“ジャニヲタ・エバンジェリスト”みきーる氏の3人が、革命的アイドルの「奇跡」と「偉業」を語り尽くす。これぞ大人も納得、「SMAP論」の決定版!

そして、目次はこちら!

第1章 オンリーワン×5=ナンバーワン
SMAPは皇室のような象徴的存在
「妾腹のジレンマ」を背負ったスタート
身近な彼氏であり国民的なアイドル
震災後に国民に寄り添う存在に
SMAPだけが長くアイドルでいられた理由


第2章 解散騒動をめぐるカンカンガクガク
SMAPの解散はアイドルの「生前退位」?
『スマスマ』公開謝罪をどう見たか
自由を体現し、自由を奪われるという皮肉
ジャニー喜多川という妖精
解散を選んだのはSMAPの誠実さ


第3章 音楽論:自由と覚醒のSMAPOP
ジャニーズ史上初「初登場2位」のデビュー
「いちばん売れた渋谷系」としてのSMAP
分断されたSMAPとファンをつなぐベスト盤


第4章 メンバー論:5(+1)人の超人たち
美形で優秀なのに「ダサい」を追求する中居正広
日本の恋愛とファッションを変えた木村拓哉
森且行の脱退前と後で何が変わったのか
すべてを受け入れてくれそうな稲垣吾郎
全裸事件でも好感度アップの「いいひと。」草彅剛
光と闇の両面を持つ切なさのかたまり香取慎吾


第5章 テレビ論:高性能総合芸能体かく戦えり
SMAPのバラエティはとんねるずの系譜?
歌、演技、笑い……テレビの「何でもあり」を体現
名作揃い! SMAPのドラマ
SMAPは元祖2・5次元アイドルだった
ジャニーズは家族だから解散がショッキング
『スマスマ』は海外スターの貴賓室


第6章 SMAPなきジャニーズと芸能界の未来
偉大すぎる先輩なきあと後輩たちは
継承の難しさ――多様性の象徴であるがゆえ
アイドル「高齢化問題」を乗り越えろ
世代交代とSMAP再結成の可能性

鼎談で話せば話すほど、いかにSMAPが国民的存在で、日本人にとって大事なものだったのかということと、なにより自分自身がSMAPを大好きだったのだなあと改めて実感しました。「大人の」っていうタイトルですが、別に小難しく評論しているわけではなく、読みやすい本だと思います。僕は他のお二人の話を聞いて何度も「なるほどー!」と膝を打ちました。
そして、「SMAPの後継者は誰か?」という難問に図らずも明確に(?)答えを出してしまいました!(誇大広告)


というわけで、何卒よろしくお願いします!