読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空をこえて ラララ 星のかなた

ブログ


いよいよ、明日24日には、『PLUTO (3)【豪華版】』が発売になります。
これは、言わずと知れた手塚治虫の「鉄腕アトム」カヴァーの成功作であるが、「アトム」カヴァーの成功作はもちろんこの作品だけではありません。


例えば、現代詩なんかにもあるのです。
谷川俊太郎*1の『夜のミッキーマウス』という詩集の一編。

「百三歳になったアトム」谷川俊太郎


人里離れた湖の岸部でアトムは夕日を見ている
百三歳になったが顔は生まれたときのままだ
鴉の群れがねぐらへ帰って行く


もう何度自分に問いかけたことだろう
ぼくには魂てものがあるのだろうか
人並み以上の知性があるとしても
寅さんにだって負けないくらいの情があるとしても


いつだったかピーターパンに会ったとき言われた
きみおちんちんないんだって?
それって魂みたいなもの?
と問い返したらピーターは大笑いしたっけ


どこからかあの懐かしい主題歌が響いてくる
夕日ってきれいだなあとアトムは思う
だが気持ちはそれ以上どこへも行かない


ちょっとしたプログラムのバグなんだ多分
そう考えてアトムは両足のロケットを噴射して
夕日のかなたへと飛び立って行く

夜のミッキーマウス
夜のミッキーマウス
posted with amazlet on 06.03.23
谷川 俊太郎
新潮社 (2003/09/23)
売り上げランキング: 280,129




他にも、落語特集の『笑芸人 (Vol.16(2005春号))』には付録に「PLUTO」の原作である「アトム」の「地上最大のロボット」を立川談志が朗読したCDがついています。必聴。

*1:ちなみに主題歌「鉄腕アトム」の作詞は谷川俊太郎。念のため。