読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内村光良が子どもだった頃

いよいよ、明日6月3日に『コントに捧げた内村光良の怒り 続・絶望を笑いに変える芸人たちの生き方』が発売されます!
これは、以前お伝えしたとおり、「水道橋博士のメルマ旬報」に掲載されている連載「芸人ミステリーズ」をまとめた『有吉弘行のツイッターのフォロワーはなぜ300万人もいるのか』に続く第2弾です。

改めてそのラインナップを紹介すると以下のとおりです。

序章 内村光良「怒り。」前編(書き下ろし)
一章 出川哲朗のリアルガチな成りあがり
二章 笑福亭鶴瓶があこがれられない理由
三章 タモリ少年期
四章 中居正広SMAPの時計
五章 早見あかりももクロの背中
六章 博多華丸・大吉の“来世”
七章 レイザーラモンの人生すごろく
八章 キャイ~ンが泣いた日
終章 内村光良「怒り。」後編(書き下ろし)

というわけで、書き下ろしのテーマはウッチャンです!
もちろん、他の各章に比べ、数倍のボリュームで、詳細に内村光良の芸人人生を振り返っています。
このような、誰かをテーマに長めの原稿を書く際、僕はたいていその人の簡単な「年表」を作成します。
そこで今回は、その年表のうち、内村光良が子どもだった頃、つまりプロデビューするまでの年表を紹介したいと思います。

内村光良年表(1964年~1986年)

誕生

・1964年7月22日、誕生。

幼稚園

・笑いを取る快感を覚える。 
・目立つことが好きでお遊戯会で王子様役
・5歳 初めて女の子「ナオコちゃん」にラブレターを書くが、渡せなかった。

小学校

・1970年、あさぎり町立免田小学校に入学。
・“神童”と呼ばれる。勉強ができ、運動神経万能、学芸会でもいつも主役。
・3年の二学期のとき、人吉市立西瀬小学校に転校。
・3年のとき、成績がオール5
・3年か4年の頃、「日吉丸」を読んで感銘を受けクラス会で人形劇「豊臣秀吉物語」を上演
・クラスの発表会や遠足などチャンスを見つけては、『全員集合』やコント55号などありとあらゆるバラエティ番組のコピーをしていた。欽ちゃんの番組にネタはがきを送ってもいた。
・4年のころ、父親の勧めで剣道を始める。個人戦では3位が最高。団体戦ではチームの副将を務める。
ソフトボール部にも入部。「1番・センター」で市大会準優勝。
・水泳部にも入部。わずか2ヶ月の練習でバタフライの市の予選を突破。県大会に出場し8位に。
・水彩画を描いて入選
・6年生 児童会長を務める。

中学校

・1977年、人吉市立第二中学校入学。
・野球部に入部。セカンドを守っているときは全試合ノーエラーだったがサードにコンバートされると暴投エラーを繰り返す。
・いちばんモテた時期。学校で3~4番手くらいにはモテた。が、2年のとき、好きになった女の子「ジュンコちゃん」に手紙で告白。3年のとき直接告白するも失恋。
・1年のとき、テレビで映画『街の灯』を観て号泣。映画に目覚める。
・2年のとき、映画館に『ロッキー』を観に行き、映画監督を志す。
・2年のとき、文化祭のクラス劇で脚本・演出・主演を務め、チャップリンの『キッド』をモチーフにした作品を上演
・3年のとき、同じく文化祭のクラス劇で映画『自転車泥棒』をモチーフにした劇を上演。     

高校

・1980年、熊本県立人吉高等学校入学。
・映画同好会に入会。
・夏休み・冬休みには実家の酒屋でバイトして、編集機材などを買い揃える。
・1年のとき、自主映画『飛んでやる』を制作、上映
・2年のとき、自主映画『戦争愛してます』を制作、上映
・3年のとき、自主映画『男物語』を制作、上映
・2年のとき、付き合い始めた彼女と春休みに映画『伊豆の踊り子』を観た後、ファーストキス。3年の秋に別れる。

専門学校

・1983年、横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)演劇科に入学。
・既に上京していた「あんちゃん」こと従兄弟の内村宏幸東白楽駅前のアパートで同居。2駅先にある学校まで走って通った
・入学初日、出川哲朗に話しかけられる
・5月 農村実習のとき、南原清隆と話す仲になる。
出川哲朗らと「ぴあフィルム・フェスティバル」に応募するが、一次審査で敗退
・2年 『大熱狂・港だ!祭りだ!横浜どんたく!!』(テレ東)に素人として出演
・2年 漫才の授業で南原清隆とコンビを結成結成当時のコンビ名は「おあずけブラザーズ」
・漫才の特別発表会でコント「素晴らしきイングリッシュの世界」を発表内海好江に絶賛される。
内海好江の勧めで渋谷・円山町の「見番寄席」に出演。
・同じく内海好江の薦めで『お笑いスター誕生!!』のオーディションに参加。ここでダウンタウンを“目撃”
卒業公演「横須賀物語」で南原とともに「ナイトクラブの漫才師」役。エンディングのダンスシーンで真ん中に立ち止まったまま号泣

プロデビュー

●1985年
・5月11日~ 『お笑いスター誕生!!』第5回オープントーナメントサバイバルシリーズ(~86年7月27日)出場。準優勝
・10月12日~ 『お笑いスター誕生!!』第6回オープントーナメントサバイバルシリーズ(~86年1月18日)出場。第4位(敢闘賞)
・10月~ 『オールナイトフジ』にレギュラーとして出演(~86年4月)。
●1986年
・4月19日 『お笑いスター誕生!!』第7回オープントーナメントサバイバルシリーズ(~86年7月5日)出場。3度目の挑戦で優勝。直後、番組終了。

この年表を見れば、内村光良は子どもだった頃からずっと「作品作り」への並々ならぬ情熱を持ち続けていたことが分かります。
コントに捧げた内村光良の怒り 続・絶望を笑いに変える芸人たちの生き方』の書き下ろし「内村光良『怒り。』」では、そんなウッチャンの作品作りへの感動的なまでの強いこだわりについても詳しく書きました。
是非、ご一読ください!