読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「1番・サード」を選ぶ中居正広のリーダー論

6月3日に『コントに捧げた内村光良の怒り 続・絶望を笑いに変える芸人たちの生き方』が発売されました!

ラインナップは以下のとおり。

序章 内村光良「怒り。」前編(書き下ろし)
一章 出川哲朗のリアルガチな成りあがり
二章 笑福亭鶴瓶があこがれられない理由
三章 タモリ少年期
四章 中居正広SMAPの時計
五章 早見あかりももクロの背中
六章 博多華丸・大吉の“来世”
七章 レイザーラモンの人生すごろく
八章 キャイ~ンが泣いた日
終章 内村光良「怒り。」後編(書き下ろし)


いまだに記憶に鮮明に焼き付いている『笑っていいとも!』「グランドフィナーレ」。
もうあの日から1年以上経ってるなんて信じられない思いです。
タモリ鶴瓶、さんま、とんねるずウッチャンナンチャンダウンタウン爆笑問題ナインティナインといった日本を代表する芸人たちが同じ舞台に勢揃いした奇跡のシーン。

「仕切れ!」

スタッフからそうカンペで仕切り役を指示されたのは、他のどの芸人でもなく、「アイドル」である中居正広でした。
「アイドル」とは本来儚い存在。年齢を重ねれば重ねるほど、生き残ることが難しくなっていきます。
しかし、SMAPは年齢を超越し、いまだに男性アイドルグループのトップを走り続けています。
いったいなぜ中居正広はアイドルグループのリーダーとしても番組MCとしても第一線に居続けるという前人未到の偉業を成し遂げているのか、その理由の一端を示すインタビューがあります。
それは『週刊SPA! 2013 9/17・24合併号』に掲載された「中居正広の仕事論」と題されたインタビュー。
小学生時代の少年野球チームでのエピソードに彼の「リーダー」観、「チーム」観がかいま見えます。

中居: 個人的な手柄や評価、見返りを求めない、というのは重要ですね。(略)私利私欲をなくすことが、チームになったときはすごく大きいんじゃないかと思いますね。人には向き不向き、ポジショニングってありますから。それを理解したのは小学校5年のときの野球チームで学んだことかもしれない。
---そんな小5の段階で悟ってしまったんですか!?
中居: さすがに私利私欲とか評価といった言葉では考えてはいなかったですけど、振り返ると、4番でピッチャーをやりたいと言わずに、自らサードで1番のほうが合っていると思い、後輩に「君は体がデカいから4番をやりなよ」って譲ったんです。それはSMAPになってから、「あっ、俺って歌っちゃいけないんだな」って思ったのと同じ(笑)。
(『週刊SPA! 2013 9/17・24合併号』より)


コントに捧げた内村光良の怒り 続・絶望を笑いに変える芸人たちの生き方』掲載の「中居正広SMAPの時計」では、そんな中居正広の「リーダー論」も含め、「アイドルグループ」と「バラエティ番組」の共通点を考察しつつ、タモリと中居の関係を絡めながら、彼がいかに芸能界で戦ってきたかを書きました。


さらに告知です!
来たる6月20日(土)、福岡でイベントが開催されます!twipla.jp
に呼んでいただきました!
福岡です。
福岡周辺にお住みの方、あるいはたまたまその近辺に福岡を訪れる方々、是非お越しください!

日時:6月20日土曜日18時~20時
会場:書斎りーぶる
   福岡県福岡市中央区 天神4-1-18 サンビル2階
参加費:1500円
参加希望の方は poprocker@outlook.jp まで


また当日はイベントにちなんだTシャツ販売も行います。
2000円で販売いたしますので此方もお楽しみに!
因みにTシャツ付イベントチケットは3000円で販売いたします。
ご希望の方はメールにその旨明記してサイズ(XS~XL)をお知らせください。

僕へのご質問や「この人について聞きたい!」等、ご要望がありましたら、お申込みの際などに添えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします!