読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消えた子供達#4「怪文書の謎②」

特集 事件 ブログ


怪文書の全文はこちら。直訳はこちら
この怪文書の解析については2ちゃんねるのオカルト板などに幾度も
スレが立ったり、落ちたりを繰り返していますが、
ほぼ、第三者によるものだと操作上確定しているにも関わらず
何度も立てられるのは、この文書の底知れぬ不気味さゆえでしょう。
では、この過去スレを参考にしつつこの怪文書を読んでいきたいと思います。


■書き手の人物像
前回Tさんがコメント欄で指摘していただいたとおり、この漢字にカタカナが多く混じるのは戦前、戦中の教育の影響が感じられます。
また、「学こう」のような簡単な漢字が書けないのに、「蹴落シテ」のような表記が
あるチグハグさもポイントでしょう。あまり学校には通えなかった人間が、時間をかけて
独学で構築した語彙世界のようなものか? 頭が良くても学校には行かせてもらえない、戦中生まれの年輩の女性などよく見られる感じでしょうか?
「ダッタン海キョウ」などの直接的引用も気になるところで、これが書き手の教育レベルを推測する時に混乱を生じさせています。
「カアイソウ」「シラズニ」などの繰り返し、「スズカケノケヲ蹴落シテ」などの頭韻や語彙の選び方は詩的なものも感じるところです。
が、「一匹ノメスニナッテイタ」のような通俗小説的な表現も目立ちます。
これらを踏まえて文学的素養のある程度ある人物とも推理できますが、個人的にはむしろ昔のオカルト雑誌やポルノ雑誌をよく読んでいたような人物ではないか? 一部が引用のような捕らえ方がされていますが、そうではなくほとんどが、直接なにかから引用してつなげたものではないか、と推測します。


■語句について
【トミダノ股割レ】トミダは事件のあった富田のことでしょう。股割レは、売春婦あるいは女性全体への蔑称か。
【シュンガ】春画? ポルノ映画館か?
【パーラボウ】パーラはパチンコ屋か喫茶店の名に使われるが。
【裏口ニ立ツヨウニナッタ】立ちんぼ?
【ケータショー】警察署? ○○小(学校)?
【四ツアシ】被差別部落者。動物?


【スズカケのケヲ蹴落シテ】スズカケからケを取る→鈴鹿
【荷の向側】荷置き倉庫場の向こう、つまり倉庫の中?
【アヤメ一ッパイ】アヤメ=文目、暗闇。真っ暗な部屋?
【ユキチ】万札。
アサヤン】名前? ○○ヤンという愛称。ヤアサンと読み替えればヤクザ。朝ヤンなら朝鮮人か?
【テルホ】ホテル?


カムチャッカノハクセツ】カムチャッカ、つまりロシア、極寒の地
【ハッカンジゴク】灼熱地獄の反対。寒さが厳しく、貧困でかなり不便な地方を指す?
【サカイノ クスリヤ】堺の薬屋? 麻薬の売人?


【ダッタン海キョウヲ、テフがコエタ、コンナ
 平和希求トハチガウ 】「てふてふが一匹韃靼海峡を渡つて行つた」安西冬衛「春」という詩。教科書にも平和を願う詩として載っている。