読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3月10日『人生でムダなことばかり、みんなテレビに教わった』発売!

お仕事

日刊ゲンダイ」で現在も継続中の連載が100回分まとまり加筆・修正のうえ書籍化されます!
文春文庫より『人生でムダなことばかり、みんなテレビに教わった』と題して*1、3月10日、発売です!

文庫サイズなのでお間違いなく!

ちなみにド派手な表紙はテレビのテロップのイメージです。


これは毎回テレビで何気なく発した一言をひとつ取り上げ、実はその何気ない言葉の裏には、その人がこれまで通ってきた生き方や背景が反映されているんじゃないかということを書いたもの。1本ごとは割りと短めでサクッと読めますが情報量は多め。「ザッピング」的にどこからでも読んで楽しんでいただけると思います!

テレビはもともと、放送されればそれで終わりというジャンルでした。しかし、いま、録画機器の発展やインターネットでの見逃し配信でその環境は変わりつつあります。またネットニュースなどではテレビ番組での発言を切り取り、センセーショナルな見出しをつけ拡散・炎上を狙うことも少なくありません。
だったら僕は同じ「切り取る」でもまったく違うアプローチをしたいと思いました。できるだけ何気ない、誰もが素通りして流れっぱなしになってしまう言葉。それをピックアップしてその背景を探っていきたい、と。そこにこそ、その人の本質が隠されているんじゃないかと思うからです。
そんなことをやるのは「ムダ」かもしれません。
なぜならテレビを通して彼らの「真意」なんて本当のところ、なにも分からないのだから。テレビなんて暇つぶしで見るものなのだから、そんなことをしても「無意味」だと。


けれど、人生で「ムダ」なことを僕に教えてくれたのはテレビです。
そして、その「ムダ」なことことや「無意味」なことこそが、実は人生を幸福に生きる上でいちばん必要なこと、また、「ムダ」なことの中にこそ大事なものがあることを、みんなテレビが教えてくれたのです。(「はじめに」より)


取り上げたのは、芸人から俳優、ミュージシャン、アイドル、文化人、そしてゆるキャラに至るまで多種多様。全てをフラットにするテレビそのものだと思っています。
そのラインナップは以下の通りです。

明石家さんま麻生久美子綾野剛有吉弘行石塚英彦石橋貴明伊東四朗今田耕司内村光良ウド鈴木蛭子能収及川光博大泉洋大竹一樹太田光太田光代岡村隆史勝俣州和加藤浩次香取慎吾狩野英孝カンニング竹山樹木希林久保ミツロウクリス松村黒柳徹子甲本ヒロト小堺一機、三四郎・小宮、堺雅人坂上忍さかなクン篠原ともえジミー大西清水富美加志村けん笑福亭鶴瓶杉村太蔵鈴木拓関根勤高田純次滝藤賢一武井壮武田鉄矢田中裕二田原総一朗、田村淳、タモリ壇蜜、千秋、千原ジュニア出川哲朗手塚とおる毒蝮三太夫所ジョージ友近中居正広長瀬智也中田敦彦中谷美紀、永野、二階堂ふみ西田敏行、博多大吉、博多華丸バカリズム萩本欽一濱田岳早見あかりハリウッドザコシショウビートたけし日村勇紀ふなっしーベッキー星野源又吉直樹、松岡修造、マツコ・デラックス、水谷豊、光浦靖子満島ひかり、美保純、宮沢りえ宮本浩次ムロツヨシ桃井かおり百田夏菜子安田顕矢作兼矢部浩之山崎弘也山里亮太山本耕史吉田敬レイザーラモンRG若林正恭渡部建

本書は、連載の掲載順ではなく、あいうえお順に並べ替えました。
これは内容的に時事性が重視されないという点と、タレント名鑑的に楽しんでもらえれば、と思ったからです*2
何人かには、丸山素直さんによるイラストも入っていて、楽しいです。何卒!

*1:当初、『人生で大事なこと~』といったようなタイトルで決まりかけていたんですが、僕が強硬にゴネて『ムダなことばかり』に変えてもらいました

*2:RGから若林正恭で終わると僕の本らしくて綺麗だったんですけど、渡部さんがそこに入るっていうのもまたいいなと