読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「テレビお笑いアワード2007」新人王


新人王は一番難しい。まず、どんな基準で“新人”とするかが、テレビでのお笑い界を限定するとまず曖昧だから。
今回自分が選ぶのは、「どんなにキャリアがあろうとも、昨年までは(関東圏の)テレビではほとんど見ることができなかった人で、今年めざましい活躍した(でも、ブレイクしきれていない)人*1」というこれまた曖昧な定義に決めたいと思います。だから関西圏のテレビを見ている人やライブなどを頻繁に見ている人とはだいぶ印象が違うと思います。


というわけで、ぼくが勝手に選ぶ「テレビお笑いアワード2007」新人王はサバンナ
このコンビが特異なのは、コンビとしてではなくそれぞれがピンとして、同時期に*2同じくらい活躍しているということ。というかぼくは、この二人がコンビとして一緒に出ている姿をテレビで見た記憶がない。けれども、八木も高橋も色々なところで見かけ、その売れ方とともに印象に残った。


次点は、マッスル坂井
まあ厳密にいえばお笑いではないかもしれない。けれど「マッスル牧場classic」は多くのお笑い番組よりお笑い番組らしい番組になっている。さらに「ダイナマイト関西」でも披露した器用なのか不器用なんだか分らない即興性も魅力的。もちろん「マッスルハウス3」を筆頭に本職のプロレスのリングでも、お笑いとサブカルの重要なポイントをサンプリングした見事な作品を作り出している。そこで垣間見せる、追い詰められ虚実入り混じった表情は実にチャーミングで素敵だ。


上記の新人の定義から外れるが、他に書き留めておきたいのをいくつか。
昨年までの自分の中での勝手な評価が大幅に覆った再評価芸人の代表はペナルティのヒデ。自分の見る目のなさが露呈されてしまうが。
あと、昨年まで面白いっていうのは分かっていたけどいまいち実感がなかったけど、今年ああ、やっぱり素晴らしいと実感させてくれた再確認芸人はバナナマン設楽統。

*1:ブレイクしてしまうとお笑いの場合流れが早いから新人って感じがしないし、ブームで終わってしまうこともあるから。

*2:どちらかが先行して、その後を追うというパターンならよくあると思うが