読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2011年テレビお笑い界を振り返る(芸人編)

特集

2007年から自己満足で勝手にMVPなどを選んできました。
で、過去ログを振り返ってみると2007年から2010年まで順にケンドーコバヤシ有吉弘行ブラックマヨネーズ、オードリーを選出していました。この4組は2011年も大活躍でした(特に有吉とオードリーの活躍はまた一段上がった感じでした)が、例年同様彼らは除外して選んでみます。勝手に。

MVP

2011年特に活躍が特にめざましかったのはアンガールズ田中フットボールアワー後藤でしょう。
で、どちらかを選ぶならフットボールアワー後藤
2011年確変した田中*1ですが、僕は今年2012年にさらにまたひとつのピークを迎える*2のではないかと思います。
後藤はいわゆる「スマートツッコミ」がまず注目され、それ自体もイジられる対象に。それをイジられると、さらにスマートにツッコミ返すという磐石っぷり。有吉をして「もっとも汗をかいているツッコミ」と称され、「ドヤ顔」、「マジ歌」での「ジェッタシー」、ファッションの「センスなし」芸人、さらに「運動神経悪い」芸人などなど持ち駒も多彩。
まさに2011年の後藤は脂が乗り切った状態でした。


その他、印象的だったのは、『オモバカ』『IPPONグランプリ』で2冠に輝いた堀内健
IPPONグランプリ』ではヒールターン、『ウレロ』では演技力とチャーミングさという新たな魅力を振りまいたバカリズム
「チャラ男」として再ブレイクして早くも「チャラ男」としての2周目に入った藤森と、屈折した「裏」を語るトーク術で興味をひきつづける中田のオリエンタルラジオ
ジュニアなど普通はイジりにくい相手に果敢に挑み「ガヤ芸人」として完全に一段上がった感じのあるFUJIWARAフジモン
「児嶋あそび」の遊ばれキャラとして定着したアンジャッシュ児嶋。『ロンハー』で独特の価値観で番組の世界を歪め、『世界衝撃映像社』では文字どおり衝撃的な映像と天然を見せつけた狩野英孝
震災後復興の象徴的な立場になりつつも絶妙なバランスで自身のスタンスを守ったサンドウィッチマン。震災以後変わらず不謹慎であり続けたレイザーラモンRG
またバナナマンが1番手、2番手の番組を数多く作られバナナマンの一時代の到来を予感させる活躍でした。
あと、ビートたけし笑福亭鶴瓶をはじめとした大御所勢のあいかわずのアグレッシブさも印象的でした。

新人王

渡辺直美をもはや新人扱いするのは失礼かと思いますが、2011年は彼女の「ビヨンセ」などのネタだけではないバラエティタレントとしての実力が完全に知れ渡った年だったと思います。
ピカルの定理』では大半のコントやゲームで大オチを担当。『バカソウル』でもエースのひとりとして牽引。『オモバカ』では絶対王者劇団ひとりに初の黒星をつけ、準優勝。『いいとも!』でもアシスタントからレギュラーに昇格しての返り咲き。
圧巻でした。


その他では、熱くて男前な真栄田と飄々とした内間のスリムクラブ。『ロンハー』でのvs有吉などが定着した「ポン村上」ことフルーツポンチ村上平成ノブシコブシ吉村などが印象的でした。
また、新人とは違いますが、古坂大魔王の復活、表舞台にも踊りでたコラアゲンはいごうまんも書き留めておきたいところです。
あと、『ゴッドタン』のあいな、『クイズ☆タレント名鑑』のカラオケ素人コンビ、『シロウト名鑑』のシロウトたち、『リンカーン』の大竹妹などいわゆる「素人」の活躍も目立ちました。

ベストフレーズ

なんといってもどう見ても性格が悪いとは思えないアンガールズ田中が『ロンハー』の「女性が選ぶ本当は性格が悪そうな男」で第1位に選ばれてしまったときの魂の絶叫が2011年のベストフレーズではないかと思います。

もうヤだよ〜、ハゲちゃうしさあ、不細工だし、女遊びしてないし、何を拠り所に生きていけばいいんだぁぁぁ〜っ!!」(田中卓志

他にも田中はネガティブなフレーズを発せさせたら天下一品。
「(毎分気持ち悪くなっている、と言われて)な〜んで毎秒じゃないの〜ぉ?」「俺だってテレビに8年出てるんだ!なかなかのもんじゃない!?」「神様ちゃんと不幸のバランス取ってくれてるぅ?」「ジャンガジャンガ以来のブレイクポイントが来たと思ったら『anan』の「抱かれたくない男」「行けぇ~、田中、2位にスベリこめぇ! ダメだったかぁ田中ぁ、お前に賭けてたのに、すっちゃったよ、全部」「よぉーし、田中、次回がんばれよぉ!」「俺の10位(最下位)は救いがなさすぎるぅぅぅぅっ!」「(自分が映るモニターを見て)なんだこの顔っ!? 悪魔みたいになってる!」「怖くなってきてるよっ! これだけ言わせて。怖くなってきてるよっ!!」などなど。特に『ロンハー』格付けのラスト数分は田中の独壇場です。

「"キテる”というのは自分のポテンシャル以上の仕事が来てることを言う」
「(安易に「プロレス的」という言葉を使われて)まずはちょっとプロレス業界全体に謝ってほしい」
「(重盛*3道重に)まだ子供なんですよ、反抗期なんです。セックスの話出来るようになりましたか? じゃあ、黙ってなさい。自分のこと可愛いとかいうでしょ? あのギャグ受けないから。NON STYLE井上と一緒です」
「(綾部に)吉本でそうやって(不満が)煮えたぎってるっていうのを聞いて安心しました。吉本以外ではもうアウトなんで」
「全員が俺のこと嫌いだろって思いながらやってる」
「俺のことを『嫌い』って言っちゃう奴は、もう負けてるよね(笑)」

などなど2011年も有吉は至言を連発。

八百長じゃないよ、エンターテイメントだよ!」「片道分のガソリンしか積んでなかった」「僕、これ(ウド)を扱う説明書持ってない」「問題の温度差ありすぎでしょ! 温度差で風邪ひくわ!」「この球種は受けたことないですねえ」「またトリッキーなめくり方してくるやん」「やめろ、その傷まだカサブタになってない」「高低差ありすぎて耳キーーンってなるわ!」「カロリー高い企画ばかり呼ばれる。また赤紙が来ましたよ」「インテリジェンス溢れてビチャビチャになってるやん」「今日なんか、アメとムチのアメが甘いねえ」「プレッシャーで右心房がつぶれそうです」「もう(『高低差』イジられても)味せえへんって」

などとフットボールアワー後藤も独特な語彙で「スマート」な名フレーズを次々と発していました。


それではそれ以外の名フレーズを通して超ざっくり2011年を振り返ってみたいと思います。(※長いです。順不同。ラジオもちょっと入ってます)
・「まさに人生すごろく!」東野幸治
かつては「HGのお荷物」だったRGが新年早々の「吉本特番」のOPに抜擢。HGがRGのキャラを後追いする現象を見て。


・「それ好きやったん? もっと脇絞った方がええで!」サバンナ八木
「好きな他人のギャグを全力で」という質問に高橋が「ブラジルの人聞こえますかー!」をやったことに嬉しそうに。


・「『嬉しかった』『楽しかった』『悲しい』とか『嫌だ』とか書いたら、(その後に)矢印にして『なんで?』を遡っていくと、全部自分のせいになるんです」鳥居みゆき
その後鳥居は「ほとんどコミュニケーションをとらないのがコミュニケーション」などと独自のコミュニュケーション論を展開。


・「なんかちょっと感動しているんですよ。みんが一生懸命にバカなことを考えると世の中にはいっぱいクイズ番組とかありますけどクイズ番組には答えがあるんじゃないですかこの答えがないことに一生懸命考えるというこのバカバカしさが非常に感動を覚えるなと思うんですよ」松本人志
IPPONグランプリ』冒頭の松本の言葉。


・「女子が『気持ち悪い』って男子に言っちゃ、一番ダメですよ!」有野晋哉
運動神経悪い芸人の映像を見たYOUが何気なく言った「気持ち悪い」の声に


・「お前がダメ人間って言うなら、お前がダメな人間だっていう証明書持ってこい!」スリムクラブ真栄田)
かつて内間が「自分はダメだ」とやめようとした時に発した言葉。


・「直そう、直そうと頑張っても直せないもの。それが個性!」光浦靖子


・「涙出えへん(泣)」フジモン
岡村復帰への宮迫のマジツイート紹介され宮迫涙腺決壊し涙堪えて背を向ける岡村から二人が抱きあうと涙なしで号泣したフジモンの言葉。


・「固定観念は振り払ってください!」ロンブー淳
『タレント名鑑』「自称そっくりさんクイズ」でまさかの3問連続同じ答えに淳が言い放った番組を象徴するかのような言葉。


・「私はどっちかっていうとテレビの中でしか存在してないように思われてますから。半分アニメ化されてるみたいなもん」タモリ
ブラタモリ』で街中で歓声を浴びた時に。


・「とか知らねーよ!」日村勇紀
ラジオ『バナナムーン』「ヒムペキ兄さん」にて「15の夜」を優等生視点で歌った時の合いの手。「♪とにかくもう学校や家には帰りたくない〜(とか知らねーよ!)」


・「甚だ簡単ではございますが、嬉しい言葉とさせて頂きます」岡村隆史
日本アカデミー賞」での授賞式に緊張のあまり訳のわからない挨拶をしてしまう岡村。


・「お前さあ、人の心読むなっ!」出川哲朗
「(今、出川は)何笑われてるか判ってない」という有吉に。


・「俺たちは強いぞ!」サンドウィッチマン富澤)
震災直後に放送された『オールナイトニッポン』でのエンディングの言葉。他に震災直後のラジオ、ネット番組などでは「裏でサンドウィッチマンがラジオやってるそうなんで。それ聴きたい人はそっち聴いて下さい!」(設楽)「ナインテナインに関して言いますと、これ以上面白くなることはもうないでしょう!」(岡村)「春日は笑いを取ることしか出来ない。不器用で嫌になる」(春日)「別に大谷さんでもいいんだよ面白いから、それがオチでも面白いんだよ」(江頭)など数々の名言が発せられました。


・「半分は詰め込み教育の敗北者、残り半分はゆとり教育の敗北者」岡村隆史
めちゃイケ』「め茶の水女子高期末テスト」のメンバーに。


・「みんな俺を食おうとするから…。俺は食い放題じゃねえ!」(東京03角田)
「マジ歌」角田バンドのメンバーの好演に。


・「とんねるずとやって順番通り行くわけないでしょ!そんなもん(台本)捨てちまえ!」矢作兼
「春の雪上運動会」でOPからことごとく台本通り進行できない状況に。


・「去れってなんですか? 2、3年経ったら勝手に去りますよ!」鈴木拓
「(芸能界を)去れ!」とさんまに言われ。


・「放射能の原産地福島県いわき市からやってまいりました、ケーシー高峰でございます。みなさんに平等に放射能をお分けいたします」ケーシー高峰
震災後まもなく出演した『笑点』演芸コーナーで衣装の白衣をはためかせながら。


・「ネガティブの反動でしか生きていくしかない人種もいるのよ!」マツコ・デラックス
しあわせの素』で藤本美貴の「ポジティブに生きないと」と言われ。その後鬼奴も「(元々あった)ポジティブがなくなっていったんです」と続ける。


・「芸人ってね、優しと狂気をもった人間が絶対売れるんです」笑福亭鶴瓶
劇団ひとりを称して。


・「(はるな愛は)オネエは女より下だと思ってる。私たちは、世の女性より上だと思ってます!」前田健
「自分は女」だと胸を張るはるな愛に対して、オネエとしてのプライドに満ちた言葉。


・「一生懸命お笑いやりたいけど、、、今田さんみたいにはなりたくない!もっと楽に生きればいいのに。なんでそんなにプライド高いのぉ〜?」(黒沢かずこ)
大ファンである今田耕司の結婚出来ない理由を聞いた黒沢が号泣しながら。


・「コンビなんだよ! 頼るよ!!」日村勇紀
「設楽を頼るな」というダメ出しに。


・「加地さんは才能無かったらイタい人」フルーツポンチ村上)
『ロンハー』プロデューサーの加地に対して。


・「歌って踊るってね、不可能なんだよ!」中居正広
「歌ヘタ」の解説に。

・「テレビで泣いたらさんまさんに怒られるんです……」(岡村)「あのー、おもしろかったよね?」(矢部)
27時間テレビ』のエンディングに泣いてしまった岡村と、マラソンにゴールし笑顔で矢部、番組ラストの一言。


・「そんな2億の価値のあるSEXって何?」土田晃之
なんで浮気しないかを問われ。今、浮気が原因で離婚されたら慰謝料、養育費などが2億円かかると説明した上で。


・「ダラダラ走る4位より、一生懸命やって燃え尽きた100位のほうがええやろ」ブラマヨ吉田


・「緊張とプレッシャーと敗北を知りたくて芸人をやってるようなもんだからね!」(オードリー春日)


・「とにかくさ……、もめてくんねえかな、誰かと」矢作兼
ラジオで揉め事をたきつけようと画策する矢作w


・「明るさを貯金すると優しさという利子がついてきます(照)」明石家さんま


・「手を抜いてんねん、俺。ずっと」ケンドーコバヤシ
自分が「売れた」要因を語って。


・「自分がMCやないと全然頑張らへんやん!」「嫌いやわ〜」「後輩に慕われてるかも知れへんけど金持ってるからやで」「事務所のゴリ押しで売れたからね」FUJIWARA藤本)
ジュニアに対するガヤ。


・「フレンドじゃねえかよ…」(狩野英孝)
ライオンに襲われそうになって。


・「(猫がケンカしてて)人間だったら説明できるけど、猫だから理由伝えられないでしょ?だからもう俺どうしようかと思って、このままだと精神的におかしくなっちゃうって思ったの」爆笑問題田中)
飼い猫のケンカに。


・「逆に聞くけど、『断る』って何?」博多華丸
THE MANZAI』出場に大吉が「岡村くんに聞くことじゃないと思うけど、僕らはいつまで戦うのかな?」と聞くと岡村「会社のしがらみの仕事やりすぎやで」それに対して華丸の言葉。岡村、その答えに「それを考え出すとパカーンとなる」


・「俺も通ってきた道だから大丈夫!好感度は一度下げてからぐーんとする(上げる)もんなんやで」チュートリアル徳井)


・「死んだつもりで、芸人になったんですよ。だから(ネタも)死んだ設定」(たんぽぽ川村)


・「いっつもだよ、いっつも俺の邪魔するのは『ボキャブラ』世代なんだよ!」有吉弘行
IPPONグランプリ』でホリケンに逆転されて。


・「やってて何が面白いのかわからないんですよ」(2700 ツネ)
『キング・オブ・コント』での自身のネタについて。


・「俺は21世紀のサンコンになるんだよ!」ボビー・オロゴン
「黒人枠」は一人しかいないという状況に。


・「一応聞きますけど、あなた(浜田)は引退しなくていいんですか」松本人志
・「色々言いたいことあるけど、俺なんでトライアスロンしてるん?」東野幸治
・「『紳助』っていうのは別に放送禁止用語ではないんでしょ?」笑福亭鶴瓶
島田紳助引退を受けて。


・「『才能がないからやめる』んじゃなくて『やめるから才能がない』んです」千原ジュニア
カリカ林の引退に。才能を認めているからこその言葉。


・「(インパルス)板倉は根性が悪くていいんだよな」ビートたけし
若手芸人をよく見てることがよく分かるたけしのインパルス評。


・「俺、鏡と現実見ないことにしてるの」山里亮太


・「だから幸せというのは前の上を見るんじゃなくて、後ろの下を見ること。望むものじゃなくて感じるもの」タモリ


・「この番組は体一つで行こうぜ! 俺らこの番組で体張っていこうぜ! ギャフンと言わしたるわ、中堅芸人!」今田耕司
新番組『勝ち犬負け犬』開始に際して。


・「そんじょそこらの大学生には(面白さで)絶対負けない。1、2年生には」(狩野英孝)


・「俺らもある意味人力舎だから行ってみる?」三村マサカズ
大竹も「一番モヤッてるもんね」と人力舎スクールJCAに『モヤさま』で入ると三村は「(ライブで)5連勝しなきゃ売れません(キリっ)」と独自の芸人哲学を学生たちに語る。


・「有吉さんのはツッコミなんじゃない。『評価』なんですよ」フルーツポンチ村上)


・「そんなに簡単に獲れへんわっ!」チュートリアル徳井)
『しゃべくり007』での即興のやり取りに「このやりとりで『M-1』獲れるわ!」と上田が言うと。


・「演者だけならいいけど、スタッフ総出でイジるのヤメろっ!」カンニング竹山


・「8点ですけど、ほとんどの生徒が間違えてる問題を正解した8点ですよ!」ブラマヨ吉田
児嶋に容姿を「8点」と評されたことに対し。


・「ダウンタウンはおもしろさを望んでおりま〜す」松本人志
ゲームのルールを無視したチームへの批判に対し。


・「この番組はドキュメンタリーだから。方向が変わっても面白いのが撮れたらいい」石橋貴明
「買う。」シリーズで次々とターゲットが変わっていくことに対して。


・「(幼い頃)王道は下品だと思う癖があったのよ! バカだねー、私たち。なんにも知らないで、知らないことがカッコいいって生きてきたよ!」マツコ・デラックス
「新・三大○○」で王道の素晴らしさに触れて。


・「ここまで(日村のブサイクキャラを)育てあげたのは俺。自分ですごいと自負しています」(設楽統)


・「総集編作ろうとしてもどの角度の映像でもアイツ(出川)が笑ってる!」東野幸治
ロートルクソ芸人」こと出川の裏カブりで放送できる素材がなくなったと裏事情を語る東野。ある意味で出川の凄さを表す言葉。


・「お前の18年間放り込んでこい!」(Hi-Hi上田)
THE MANZAI』での漫才中の魂のこもったアドリブ。


・「(浅草)キッドには演技力がないんだよ」太田光
ラジオで久々の共演を果たした因縁の爆笑問題浅草キッド。ケンカをふっかける太田にそれを認めた上で「ネタの強度で勝負してるんだよ」とかわす博士。微妙なやり取りがスリリング。エンディングに玉袋「ホント、いいオマンコ出来た感じするな!」


・「僕と出会った12年前すでに(綾部は)天狗ですからね」ピース又吉


・「27歳の頃、俺が地球の地軸だと思ってた。俺が世界の中心だった。」石橋貴明
乱入したラジオ『バナナムーン』で。熱い話連発。


・「あのオヤジ(談志)、俺に取り憑こうとしてんじゃねえか?」ビートたけし
談志が死んだ年にたけしが落語をやったというのが凄いという鶴瓶に。


・「ごめんなさい どなたでしょうか?」(みひろ)
かつてみひろにマジ告白した東京03飯塚が数年ぶりに送ったメールに対する返信。


・「今崎ホセ」山崎邦正
蝶野のビンタを逃れようとして騙った偽名。

*1:よく「キモカワイイ」から「カワイイ」がなくなって「キモイ」だけ、と言われますが、今こそ田中の「キモカワイイ」さが堪能できます。

*2:コント作家としてさらに再評価を受けるハズ、というかそうなってほしいです。

*3:訂正しました